厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

新着記事「妊孕性温存」を追加しました

妊孕性温存診療とは、がんなどの病気に対する治療のために妊娠する力(妊孕性)を失う可能性のある方に対して行うものです。ただしご本人にとって最も優先されるのは原疾患の治療であり、妊孕性温存診療を行うためにがんなどの原疾患の治療方針が影響されることがあってはいけません。

「妊孕性温存」の記事を見る