厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

不妊治療の助成が拡大されるようになりました

不妊症の治療として、体外受精・胚移植は、それ以外に妊娠が望めないカップルにおいて重要な位値をしめています。これまでの助成には収入制限などがありましたが、この度、令和2年度第3次補正予算により、大幅な助成拡大が図られるようになりました。 (参考サイトはこちら

実際の手続きについては、お住いの自治体(都道府県・指定都市・中核市)のホームページなどをご参考にしてください。