厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

お知らせ

53件中 1件~10件 表示
f
周りの人と触れ合うことがなく外出が怖くなって、保健所の4ヵ月健診まで家で過ごした人もいました。人混みでなければ大丈夫かなと思いながらも決断するきっかけがなく、家でぐずる赤ちゃんを長時間抱っこして腱鞘炎や肩こりがひどくなった人もいました。ようやく再開し…
f
赤ちゃんが生まれた後も病院でも自宅に戻っても手助けが少なく実家の親が来ることもできず、新米の親として手探りでお世話するしかないのが現状です。兄弟がいる場合はもっと大変で幼稚園・保育園・学校がお休みだった時は、横になる時間も取れずに動き回っている産後…
f
今までは「順調に成長していますね」と笑顔で終わっていた健診も「今後の対応はホームページを確認してください」では受診すら苦痛になり、実際に健診で病院に行くのが不安との声も聴きます。出産・育児のための学級もほとんどが中止となり本やインターネットの情報だ…
f
国内でも新型コロナウィルスのワクチン接種が始まります。新しいタイプのワクチンであるため、妊娠中のワクチン接種に関する十分な情報はありません。 安全性が確立されてはいないものの、現時点では妊婦さんはワクチン接種の対象外にはなっていません。地域の…
f
子宮頸癌は、適切な時期にHPV(ヒトパピローマウィルス)に対するワクチンを接種することで相当数防ぐことができると見込まれています。 これまで国内では、100種類以上あるHPVのうち発癌リスクの高い2種類のウイルスに効果のある2価ワクチンと、これにコンジロー…
f
不妊症の治療として、体外受精・胚移植は、それ以外に妊娠が望めないカップルにおいて重要な位値をしめています。これまでの助成には収入制限などがありましたが、この度、令和2年度第3次補正予算により、大幅な助成拡大が図られるようになりました。 (参考サイ…
f
コロナ感染が全世界にまん延している中で、国連Womanが勧告しているように、潜在的に存在していたdomestic violence、児童虐待の顕在化、凶悪化が起きていること、予期しなかった妊娠の増加が予測されることを認識し、産婦人科医も適切に対応する必要があると感…
f
新型コロナウイルス感染拡大によって分娩時の立ち会いが中止になりました。妊婦健診時に病棟助産師が不安や質問に対応したり、分娩時も可能な限り側に付き添い、マッサージや呼吸法の声かけをしたり、写真や動画撮影のお手伝いをしたりしています。それにより、…
f
2020年5月20日 厚生労働省が初めて9価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの製造販売を承認しました。HPVは100種類を超える型に分類されますが、その中で16型や18型を含む14種類が子宮頸がんの主な原因といわれています。国内ではこれまで16型と18型の2価ワ…
f
2020年5月18日、日本生殖医学会より新型コロナウイルス(COVID-19)感染症に対する不妊治療再開についての通知が発表されました。 各医療機関が新型コロナウイルス感染防御と感染拡大防止の対策を可能な限り施行した上で、不妊治療の再開を考慮していく方針とな…
53件中 1件~10件 表示