厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 81~90件 表示
81
立ちくらみ、フラフラするなどは鉄欠乏性貧血の可能性が女性は毎月の生理で出血しているため、どうしても貧血にはなりやすいのですが、そのほとんどは鉄分が不足して起こる鉄決欠乏性貧血です。鉄分は、赤血球の中のヘモグロビンの中心的な成分です…
82
ピア支援とはひとりで悩んでいる人のためのサポートシステムです更年期症状の現れ方は個人差が大きく、あまりつらい思いをせずに過ごせる人、日常生活にも支障をきたすほどの不調を経験する人など、さまざまです。このため、自分だけが不調なのでは…
83
どんな症状がありますか?ベッドから起きあがるとき、歩き始めるときなど、動作を開始するときに膝や腰の関節が痛む、という訴えはよくある不調です。また、正座や中腰の姿勢、階段の昇り降り、などの特定の動作や、長時間の立位や歩行後などに「膝…
84
女性ホルモンの変動によって女性の心と体はさまざまな影響を受けます女性は思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン状態によって、また、結婚や育児などのライフステージによって男性とは異なった心身の変化をしています。その理由はいくつ…
85
性暴力ウィメンズクリニック・かみむら上村茂仁性暴力とは、性的な要素を含んだ行為を暴力や誘惑などで相手に強要することをいいます。たとえば乗り物の中やスーパーやコンビニなどでの痴漢、恋人間での性暴力(デートDV)、レイプ(他人・知人)、…
86
妊娠中の乳房マッサージは、分娩後の乳汁分泌をスムースにする効果が期待できます。その一方で、乳頭への刺激は子宮収縮を促進する作用も有るため、妊娠週数が37週に達していない時期でおなかが頻繁に張っているような場合は、切迫早産の症状を悪化…
87
むくみの原因は?むくみは、婦人科や女性外来で遭遇することの多い訴えのひとつです。むくみの部位や程度はさまざまで、いわゆる体質的な部分に加え、女性ホルモンの変動や生活習慣など、その原因は複雑だと考えられます。立位や座位など、同じ姿勢…
88
もの忘れがひどい人の名前や漢字が思い出せないことは、更年期以降になると、だれもが経験することです。しかしながら、「重大なもの忘れが増えてきた」と感じたときは、早めに精神科や脳神経外科などを受診しましょう。疑わしい病気のひとつはアル…
89
メタボリックシンドローム糖尿病メタボリックシンドローム生活習慣病といわれるおもな病気には、「肥満症」「高血圧症」「糖尿病」「脂質異常症(高脂血症)」などがあります。これらの疾患は、それぞれに原因があるのではなく、内臓に脂肪が蓄えら…
90
同性愛、多様な性のあり方岡山大学大学院保健学研究科岡山大学ジェンダークリニック中塚幹也性別はどうやって決まる?生物学的性(セックス、からだの性)は性染色体(XYは男性、XXは女性)、性器や外陰部の形(ペニスや精巣の有無、子宮や卵巣の有…
200件中 81~90件 表示