厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 71~80件 表示
71
婦人科を受診するタイミングは?月経痛(生理痛)は、子宮内で月経血を押し出そうとするホルモン(プロスタグランジン)の働きによるものです。このメカニズムは、陣痛とほとんど同じなので、多少の痛みは生理的な現象です。しかし、月経痛によって…
72
早期には自覚症状がありません大腸粘膜の一部が内側に盛り上がって突起物(ポリープ)ができます。0ポリープは腫瘍性のものと、非腫瘍性のものがあり、腫瘍性のものは大きくなると、がんを発生する確率が高くなります。大腸がんは、長さ約2mの大腸(…
73
女性特有の不調改善は、漢方医療の得意分野です忙しい毎日を送り、ストレスの多い現代社会を生きている女性たち。自分でも気づかないうちに疲れがたまり、体や心、肌に不調を感じることもあります。さらに女性の体は、毎月の月経周期によって女性ホ…
74
どんな症状?どんな病気?月経以外に性器から出血することを不正出血といいます。婦人科への来院理由で多い症状の一つです。月経中であっても、月経血の量がいつもより極端に多かったり、少なかったりする場合や月経期間が長過ぎたり、短か過ぎたり…
75
妊娠中の湿布については、2014年に厚生労働省から妊娠後期における湿布(外用消炎鎮痛剤)の一部を禁忌とする改訂が行われました。インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム、ケトプロフェンなどの成分が含まれたものは、赤ちゃんの心臓に影響を与…
76
更年期世代の女性の健康づくりと働き方はいまや社会的な関心事です!今、日本の更年期の女性は、労働力率は75%にのぼる20代と肩を並べる働き手であり、また、職場の責任を担う管理職としての役割も求められる世代です。加えて、1986年に施行された…
77
妊娠中・産後の予防接種について 妊娠中に受ける人が多いのはインフルエンザワクチンです。これは不活化ワクチンなので妊娠中でも受けられます。一方、生ワクチンは妊娠中に受けることができません。特に気をつけたいのは、風疹です。妊娠第20週頃…
78
甲状腺は、のどぼとけの下に存在する蝶々形をした組織です。甲状腺の働きは甲状腺ホルモンを産生することです。甲状腺ホルモンは新陳代謝を活発にするホルモンですが、妊娠の維持、子どもの成長にも重要なホルモンです。バセドウ病 TSH受容体抗…
79
中学生になっても思春期が来ない場合、いつ病院で相談したらよいでしょうか?平均的な年齢より2年以上遅い場合、すなわち、13歳になっても乳房発育がなかったり、15歳になっても生理が来なかったりする場合には病院を受診した方が良いでしょう。体…
80
どんな症状?どんな病気?アメリカ人女性の25%が性暴力の被害に遭っているという報告があります。日本においても、総理府統計「男女間における暴力に関する調査(1999年)」によると、意に反して性的な行為を強要されることが『何度もあった…
200件中 71~80件 表示