厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 71~80件 表示
71
不育症の定義 日本産科婦人科学会では流産を以下のように定義しています。 流産とは『妊娠22週未満の胎児が母体から娩出(べんしゅつ)されること』で、妊娠12週未満であれば『早期流産』、妊娠12週以降22週未満ではれば『後期流産』といいます。また…
72
どんな病気が考えられますか?かゆみは、乾燥によるものがそのほとんどですが、特に、冬場や季節の変わり目に起こるかゆみで多いのは、「皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)」です。皮脂の多い体の中心部から離れるほど、症状が強い傾向が…
73
「思春期」はこどもからおとなへ変わってゆく移行期全体をさす言葉です。この時期には女性ホルモンが上がっていくことによって、「二次性徴」と呼ばれるからだの変化があらわれます。女の子の二次性徴は、乳房が発育して胸が大きくなることから始ま…
74
女性ホルモンの変動によって女性の心と体はさまざまな影響を受けます女性は思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン状態によって、また、結婚や育児などのライフステージによって男性とは異なった心身の変化をしています。その理由はいくつ…
75
むくみの原因は?むくみは、婦人科や女性外来で遭遇することの多い訴えのひとつです。むくみの部位や程度はさまざまで、いわゆる体質的な部分に加え、女性ホルモンの変動や生活習慣など、その原因は複雑だと考えられます。立位や座位など、同じ姿勢…
76
不正出血とは?月経以外の性器出血を不正出血といいます。月経であっても、いつもより極端に量の多少がある場合や持続期間が長過ぎたり、短か過ぎたり、また不定期に繰り返される場合なども不正出血と考えてよいでしょう。不正出血は多くの人が誰経…
77
ピア支援とはひとりで悩んでいる人のためのサポートシステムです更年期症状の現れ方は個人差が大きく、あまりつらい思いをせずに過ごせる人、日常生活にも支障をきたすほどの不調を経験する人など、さまざまです。このため、自分だけが不調なのでは…
78
早期には自覚症状がありません大腸粘膜の一部が内側に盛り上がって突起物(ポリープ)ができます。0ポリープは腫瘍性のものと、非腫瘍性のものがあり、腫瘍性のものは大きくなると、がんを発生する確率が高くなります。大腸がんは、長さ約2mの大腸(…
79
不眠には3つの状態があります不眠は、「入眠困難(寝つきが悪い)」「中途覚醒(眠っても、よく目を覚ます)」「早朝覚醒(早く目が覚めて困っている)」などに分けられます。また、睡眠時無呼吸症候群があると、よく寝た感じがしない、いびきをかく、呼…
80
妊娠中のレーザー脱毛は止めてください。また、妊娠中は肌が敏感になることが多いので、陰部周囲のカミソリなどでの除毛も避けたほうが無難です。除毛クリームも赤ちゃんへの悪影響が完全には否定できないので使用しないようにしましょう。カミソリ…
200件中 71~80件 表示