厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 71~80件 表示
71
女性にとても多い症状です頭痛という症状が、重度の病気であることは稀です。しかし、女性にとても多く、神経内科を受診する最も多い理由です。また、女性外来を受診する症状としても非常に多くの人が頭痛を訴えて受診します。慢性の頭痛は、緊張性…
72
妊娠中・産後の予防接種について 妊娠中に受ける人が多いのはインフルエンザワクチンです。これは不活化ワクチンなので妊娠中でも受けられます。一方、生ワクチンは妊娠中に受けることができません。特に気をつけたいのは、風疹です。妊娠第20週頃…
73
メタボリックシンドローム糖尿病メタボリックシンドローム生活習慣病といわれるおもな病気には、「肥満症」「高血圧症」「糖尿病」「脂質異常症(高脂血症)」などがあります。これらの疾患は、それぞれに原因があるのではなく、内臓に脂肪が蓄えら…
74
妊娠中の湿布については、2014年に厚生労働省から妊娠後期における湿布(外用消炎鎮痛剤)の一部を禁忌とする改訂が行われました。インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム、ケトプロフェンなどの成分が含まれたものは、赤ちゃんの心臓に影響を与…
75
おむつ替えの時などに「膣が見えない」ことに気づかれることがあります。乳幼児健診で指摘されることもあるかも入れません。ほとんどの場合は生まれつきの異常ではなく、おむつなどでかぶれて炎症を起こすことで、小陰唇が癒着してしまうものです。…
76
早期には自覚症状がありません大腸粘膜の一部が内側に盛り上がって突起物(ポリープ)ができます。0ポリープは腫瘍性のものと、非腫瘍性のものがあり、腫瘍性のものは大きくなると、がんを発生する確率が高くなります。大腸がんは、長さ約2mの大腸(…
77
不眠には3つの状態があります不眠は、「入眠困難(寝つきが悪い)」「中途覚醒(眠っても、よく目を覚ます)」「早朝覚醒(早く目が覚めて困っている)」などに分けられます。また、睡眠時無呼吸症候群があると、よく寝た感じがしない、いびきをかく、呼…
78
0~2歳の女の子でおっぱいが大きくなること(乳房発育)は珍しくありません。多くは乳房発育の他に症状がないので「早発乳房」と呼ばれます。「早発乳房」はお子さんの発育に影響はないため、治療する必要はありません。 この「早発乳房」と区別…
79
原因は精神的な問題と身体的、物理的問題が考えられます性交障害には、精神的な問題が原因になる場合と身体的、物理的なことが原因になる場合があります。前者は年齢を問わず、セックスに対する不安感や嫌悪感がもとになって起きるもので、実際レイ…
80
不安が続くと苦痛で生活の質を低下させます不安は、不快であいまいな憂慮の感覚で、誰もが体験する一般的なものです。とはいえ、慢性的な不安は、苦痛をともない、生活の質を低下させます。しばしば頭痛、発汗、動悸、胸部圧迫感、腹部不快感などの…
200件中 71~80件 表示