厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 61~70件 表示
61
子宮頸がんと異なり、更年期以降の女性に多いがんです「子宮内膜がん」とも言われているように、子宮内膜に発生するがんです。不正出血をともない、ほかには色のついたおりもの、下腹部痛などの症状がきっかけで、発見されるケースが多いです。次の…
62
どのような症状が多いですか?乳腺科の外来で、「乳腺症と言われました」「乳房が痛いです」とのご相談が最も多いです。比較的、若い年齢の患者さんは、月経周期に関連して、排卵後から月経までの時期に痛みが出たり、乳房全体に凹凸のあるコリコリ…
63
20代、30代のこれから妊娠、出産する世代に増えています子宮頸がんは40代の女性に発症のピークがあります。どの年代も1980年ごろから減少してきたのですが、最近、10代後半から20代という若い世代に子宮頸がんの発症率が増加しつつあります。こ…
64
更年期世代の女性の健康づくりと働き方はいまや社会的な関心事です!今、日本の更年期の女性は、労働力率は75%にのぼる20代と肩を並べる働き手であり、また、職場の責任を担う管理職としての役割も求められる世代です。加えて、1986年に施行された…
65
0~2歳の女の子でおっぱいが大きくなること(乳房発育)は珍しくありません。多くは乳房発育の他に症状がないので「早発乳房」と呼ばれます。「早発乳房」はお子さんの発育に影響はないため、治療する必要はありません。 この「早発乳房」と区別…
66
婦人科を受診するタイミングは?月経痛(生理痛)は、子宮内で月経血を押し出そうとするホルモン(プロスタグランジン)の働きによるものです。このメカニズムは、陣痛とほとんど同じなので、多少の痛みは生理的な現象です。しかし、月経痛によって…
67
冷える生活をしていませんか?「手足が冷えて眠れない!全身が冷えて毎日だるい…」「夏冬問わず、冷え症で悩んでいる」女性が増えています。冷え症は、病気や不妊の原因になることもありますので注意が必要です。冷えの原因は…夏冷えも冬冷えも同じ…
68
どんな症状がありますか?ベッドから起きあがるとき、歩き始めるときなど、動作を開始するときに膝や腰の関節が痛む、という訴えはよくある不調です。また、正座や中腰の姿勢、階段の昇り降り、などの特定の動作や、長時間の立位や歩行後などに「膝…
69
さまざまな複数の要因が関係しています卵巣にできるがんで、卵巣腫瘍のうちで、悪性のものを卵巣がんと言います。一般的には、40代から増加して、50代から60代がピークです。原因は不明ですが、排卵時に卵巣が傷つき、その傷からがん化すると考えら…
70
妊娠中・産後の予防接種について 妊娠中に受ける人が多いのはインフルエンザワクチンです。これは不活化ワクチンなので妊娠中でも受けられます。一方、生ワクチンは妊娠中に受けることができません。特に気をつけたいのは、風疹です。妊娠第20週頃…
200件中 61~70件 表示