厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 61~70件 表示
61
独立行政法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所自殺予防総合対策センター松本俊彦リストカットをやめられない…リストカットほど誤解されている行為はありません。何も知らない人は、「あれは周囲の関心を引こうとしている」などと言い…
62
「ホルモン補充療法」を味方につけて女性ホルモンの減少がおもな原因のひとつである更年期障害の症状の緩和のためには、減ったホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)が効果を発揮します。特に、のぼせ、ほてり、発汗といったホットフラッシュ…
63
長寿になったが健康寿命は長くない日本女性飛躍的な長寿化が現代女性の健康の特徴となりました。第二次大戦後にようやく50歳を超えた女性の平均寿命は、その後の高度経済成長によってもたらされた栄養と衛生の改善、感染症の減少、医療の発達などに…
64
塩酸リトドリンは切迫早産などの場合に子宮の収縮を抑えるために使用する薬です。交感神経に作用するため、心臓がドキドキする感じ(動悸)や手の震えなどの症状が出てくることがありますが、一般的に使用しているうちに徐々に慣れてくることが多い…
65
10代20代を中心に増加傾向です性感染症は、クラミジアやヘルペス、コンジローマ、淋菌など、10代~20代を中心に増加傾向にあります。英語ではSexuallyTransmittedInfection、略してSTIと呼びます。Infection「感染していること」をDisease「病気」…
66
冷える生活をしていませんか?「手足が冷えて眠れない!全身が冷えて毎日だるい…」「夏冬問わず、冷え症で悩んでいる」女性が増えています。冷え症は、病気や不妊の原因になることもありますので注意が必要です。冷えの原因は…夏冷えも冬冷えも同じ…
67
女性特有の不調改善は、漢方医療の得意分野です忙しい毎日を送り、ストレスの多い現代社会を生きている女性たち。自分でも気づかないうちに疲れがたまり、体や心、肌に不調を感じることもあります。さらに女性の体は、毎月の月経周期によって女性ホ…
68
プールや温泉は大勢の人が入る場所であり、腟から子宮内になんらかの病原菌が感染する可能性はゼロではありません。子宮内の感染は流産や早産につながる恐れがあるため、妊娠中は避けたほうがいいです。マタニティースイミングに通う場合も胎動がは…
69
摂食障害は先進国女性の現代病「食べる」という行為が適切に行えなくなっている状態で、食べることを拒否する拒食と、過剰に食べてその後嘔吐する過食がありますが、いずれも同じ病態と考えることができます。摂食障害という概念が出てきたのは、19…
70
更年期世代の女性の健康づくりと働き方はいまや社会的な関心事です!今、日本の更年期の女性は、労働力率は75%にのぼる20代と肩を並べる働き手であり、また、職場の責任を担う管理職としての役割も求められる世代です。加えて、1986年に施行された…
200件中 61~70件 表示