厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 21~30件 表示
21
動作開始時、特定の動作時、長時間の立位・歩行などで起こります膝・腰が痛い”という訴えが多いのは、ベッドから起きるとき、立ち上がって歩き始めるときなどの動作開始時、また、正座・階段昇降・中腰などの特定の動作時、長時間の立位・歩行後な…
22
脂質異常症血液中の脂質として検査されているものは、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪の4つです。LDLコレステロールが高い、HDLコレステロールが低い、中性脂肪が高い、のいずれか一つでもあれば、脂質異常症と…
24
みなさんは、“自分は健康なのに、病院に行く必要があるの?”と思ってはいませんか。妊婦健診とは、一般的には妊婦健康診査といいます。もしかしたら妊娠・出産に影響のある病気をもっているかもしれません。風疹や麻疹など感染症について抗体はもっ…
25
更年期障害は千差万別、一人ひとり症状も重症度も異なります閉経(45歳以上で1年間月経がない状態)の平均年齢は、50.5歳ですが、これを挟んだ前後10年間を更年期と呼びます。卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は、20~3…
27
産後はまず自分の体調を整えることから 現在の日本では、経腟分娩(けいちつぶんべん)で元気なお母さんは、出産当日からでも自宅での生活が可能なぐらいになりました。医学的治療が必要な場合以外は、産後のケアは時間が解決する自然の経過です。し…
28
定期健診に行ったら赤ちゃんの心拍が見えないと言われた、出血があって受診してみたらもう流産した後だった、胎動が少ない気がして受診してみたら赤ちゃんの心臓が動いていなかった…。赤ちゃんが亡くなってしまった、という事実はとてもショックな…
29
体の症状と心の症状が出ますPMS(PreMenstrualSyndrome)の歴史は、1931年にアメリカのロバートT・フランクが月経前期の症状が多くの女性にあることに注目したことに始まり、1953年にイギリスのダルトンとグリーンがこの疾患名を医学誌に発表し、…
30
子どもを産み育てる世代の女性の5~10%は子宮内膜症とも!子宮内膜症は、本来、子宮の内側(内腔)にある子宮内膜が違う場所に発生してしまうことで、月経痛をはじめとする疼痛と不妊がおもな症状です。腹膜、卵巣の深部、あるいは臓器の癒着など…
200件中 21~30件 表示