厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 141~150件 表示
141
個人差が大きいですが、授乳をしていないと産後半年くらいから再開することがおおむね多いです。授乳をしている場合は1年以上生理がこないことも珍しくありません。生理が来なくても排卵をしている可能性があるので、次のお子さんをまだ考えていな…
142
妊娠すると体内のホルモンバランスが変化します。それにより胃腸の動きが鈍くなります。さらに週数が進むと大きくなった子宮に腸が押され、動きが制限されるため便秘になりやすくなっています。十分な水分を摂り、繊維質の多い野菜などの食品を多め…
143
ダイエットや下剤の乱用も悪化要因のひとつですお尻の不調は、人に相談しにくく、ひとりで悩みを抱えている人が大勢います。ひと言で「痔」といってもさまざまな疾患が含まれ、特に女性は便秘や妊娠、出産を機に悪くなるなど、快適な生活から程遠い…
144
外出するときはマスクやめがねを使用して花粉の侵入をできるだけ防ぎましょう。薬に関しては、安全性が不明なものもあるので、使用する前に耳鼻咽喉科や産婦人科で相談してみてください。また、『妊娠と薬情報センター』(http://www.ncchd.go.jp/k…
145
あたためレシピ! れんこん餅 レシピ画像 あたためレシピ 効能 冷え カロリー 1人分183Kcal れんこんのモチモチした食感が美味しい!おやつにもおつまみにもぴったり! 材料 2人分 れんこん 200g 【材料A】 片栗粉 醤油 塩 大さじ2 小さじ1 …
146
きれいになるレシピ! きな粉バナナスムージー レシピ画像 きれいになるレシピ 効能 アンチエイジング カロリー 1人分152Kcal 香ばしくて美味しい!美容にも効果的なきな粉を加えたスムージー 材料 2人分 バナナ 1本 レモン汁 小さじ1 きな粉 …
147
予防接種に用いられるワクチンは、生ワクチンと不活化ワクチンの2種類があります。生ワクチンには風疹ワクチンなどが含まれますが、ワクチンウイルスが赤ちゃんに移行する危険性があるため、一般的に妊娠中には接種できません。一方で、不活化ワク…
148
妊娠に伴うホルモンの変化の影響で、皮膚に痒みが出たり、発疹が出たりすることがあります(妊娠性痒疹)。症状が強い場合には、かゆみ止めなどの薬を使用することもできますので、健診を受けている産婦人科や皮膚科で相談しましょう。
149
一部の薬剤(抗がん剤や放射性物質など)では授乳継続が可能かを慎重に判断する必要がありますが、その他の多くの薬剤では授乳中の服用による児への悪影響がほとんどありません。母乳育児には様々なメリットがあります。薬剤を使用しているからと言…
150
受動喫煙でも肺がんの発症リスクが高まります肺がんは、肺から発生したがんの総称です。肺がんは、肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞がなんらかの原因でがん化したものです。このうちの多くは、「腺がん」と「扁平上皮がん」という、気管支粘膜に…
200件中 141~150件 表示