厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 131~140件 表示
131
市販の風邪薬には妊娠後期の赤ちゃんの心臓へ影響を与える成分や、カフェインなどの添加物のある場合があり、安全性は保障できません。風邪を治す薬というのは実はないのです。どうしても辛いときは、症状を軽減する薬が処方できる場合もありますの…
132
妊娠中でもシートベルトを正しく着用することで、お母さんと赤ちゃんへの傷害を軽減することができます。正しい装着法とはお腹を圧迫しないよう「斜めベルトは両乳房の間を通し、腰ベルトは恥骨上に置き、いずれのベルトも妊娠子宮を横切らない」方…
133
産後の性生活開始に指針はありませんが、産後1か月くらいの産道が治りその確認の診察が終わるまでは控えるようにしましょう。それ以降は問題ありませんが、生理が再開する前にも予期せぬ排卵をしている可能性があるため、次のお子さんをまだ考えて…
134
女性の健康問題は妊娠・出産や婦人科系の疾患だけではありません女性は、そのホルモンステージによって、また、ライフステージによって、さまざまな健康問題を抱えます。もちろん、男性と同様の健康問題や病気もありますが、女性ならではの健康問題…
135
疲れに効くレシピ! 梅しそパスタ レシピ画像 疲れに効くレシピ 効能 全身疲労 カロリー 1人分432Kcal ビタミンミネラルがギュッと詰まった青じそと、疲労回復効果の高い梅干しを使ったお手軽メニュー 材料 2人分 スパゲッティー 160g 梅干し 2…
136
妊娠中、子宮の増大により膀胱が圧迫されて尿漏れが起こることはあります。少量の場合はパットなどで対応して問題ありません。産後の尿漏れは、お産によって骨盤底筋群という骨盤を支える筋肉がゆるむことで尿漏れが起こりやすくなります。骨盤底筋…
137
妊娠中の乳房マッサージは、分娩後の乳汁分泌をスムースにする効果が期待できます。その一方で、乳頭への刺激は子宮収縮を促進する作用も有るため、妊娠週数が37週に達していない時期でおなかが頻繁に張っているような場合は、切迫早産の症状を悪化…
138
妊婦さんはホルモンバランスの急激な変化や、頻尿・こむら返り・胎動などが原因となって不眠に悩まされることが少なくありません。その場合は、生活リズムを整えて、日中の昼寝をできるだけ我慢したり、就寝前にパソコンや携帯の操作を控える、音楽…
139
ダイエットや下剤の乱用も悪化要因のひとつですお尻の不調は、人に相談しにくく、ひとりで悩みを抱えている人が大勢います。ひと言で「痔」といってもさまざまな疾患が含まれ、特に女性は便秘や妊娠、出産を機に悪くなるなど、快適な生活から程遠い…
140
きれいになるレシピ! 鯵とパプリカのエスカベッシュ 効能 美肌・美髪 カロリー 1人分277Kcal エスカベッシュは洋風南蛮漬け。栄養豊富なパプリカを加えて彩りよく仕上げました。 材料 2人分 鯵(小さ目) 3尾 小麦粉 適量 揚げ油 適量 玉ねぎ 1…
200件中 131~140件 表示