厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 111~120件 表示
111
お産の影響で子宮が降りてきたり、最終的には子宮脱といって腟から子宮がでてくることがあります。通常は骨盤底筋体操などをすることで改善することが多いですが、まれに症状がひどくなると手術などの治療が必要となることがあります。産後は骨盤底…
112
東京大学大学院医学系研究科産科婦人科学講座川名敬KeiKawana1.女性にとって重要なワクチン接種21世紀は「予防医学」の時代と言われています。ワクチン接種によって予防しうる疾患があります。予防接種は、性差なく年齢を問わず不可欠な知識であ…
113
妊婦さんはホルモンバランスの急激な変化や、頻尿・こむら返り・胎動などが原因となって不眠に悩まされることが少なくありません。その場合は、生活リズムを整えて、日中の昼寝をできるだけ我慢したり、就寝前にパソコンや携帯の操作を控える、音楽…
114
どんな症状?どんな病気?婦人科の外来でよくある訴えです。月経は来ていたのですから、原発性無月経(満18歳になっても初経が起こらない)ではなく、続発性無月経(以前は継続して訪れていた月経が、なんらかの理由で3か月以上起きなくなった症状…
115
妊娠中の飛行機の移動や旅行自体が赤ちゃんに異常を引き起こすということはありませが、相応のリスクが伴います。地域によっては赤ちゃんに影響する感染症にかかる可能性や旅先でのトラブルに適切な治療ができない可能性があります。妊娠中はお産に…
116
日本女性の乳がんは欧米に比べ、閉経前が多いのが特徴です乳がんは、日本では戦後急激に増加し、年間約7万2500人が発病し、1万3千人が命を落としています。今後しばらくは、罹患率、死亡率ともに上昇が続くと予測されています。日本女性の特徴は、…
117
妊娠中は子宮が前方にある膀胱を圧迫することにより尿失禁を来しやすく、それが破水と区別し難いことがあります。破水であった場合は、抗菌薬投与を要する状況もあり得ますので、まずはかかりつけの病院へ相談して、破水か否かのチェックをしてもら…
118
「健診」とは、健康診断のことを意味し、健康であるか否かを確かめるものです。一方、「検診」は、特定の病気を早期に発見し、早期に治療することを目的としています。健診も、検診も、日常生活をおくるうえで特に大きな問題を抱えていない、無症状…
119
パーマやカラーリングには特に制限はありません。妊娠中の染髪剤が赤ちゃんに悪影響を及ぼすとする明確なデータはありませんが、一方で安全性も確立されておりません。また妊婦さんは皮膚が過敏になっているので、これまで大丈夫であったものでも注…
120
日本の検診受診率は先進国の中で最低ですマンモグラフィによる乳がん検診によって、乳がん死亡率を減らすことが科学的に証明されています。多くの先進国では、マンモグラフィによる乳がん検診が推奨されていて、アメリカでは40歳から64歳の女性の50…
200件中 111~120件 表示