厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 101~110件 表示
101
どのような相談がありますか?「相手に不満はなく、嫌いでもない」「私はいいが相手がどうか、いまさら聞くのも変だし」「互いに忙しく、ほかの楽しみもあり、結婚以来2年になるが2~3回。子どもが欲しくなって相談に来た」などという相談で、婦人…
102
里帰り先の病院によって異なりますが、妊娠30~34週が目安になります。後半の妊婦健診を分娩先の病院で受けることになりますので、確認の上余裕をもって帰省しておくようにしましょう。また、里帰り先の病院では分娩予約に制限を設けていたり、妊娠…
103
お産の影響で子宮が降りてきたり、最終的には子宮脱といって腟から子宮がでてくることがあります。通常は骨盤底筋体操などをすることで改善することが多いですが、まれに症状がひどくなると手術などの治療が必要となることがあります。産後は骨盤底…
104
どんな症状?どんな病気?婦人科の外来でよくある訴えです。月経は来ていたのですから、原発性無月経(満18歳になっても初経が起こらない)ではなく、続発性無月経(以前は継続して訪れていた月経が、なんらかの理由で3か月以上起きなくなった症状…
105
寝たきりにならない、健康寿命増進のために骨粗しょう症とは、骨密度の低下や骨質の悪化によって骨強度が低下したために、骨折しやすい状態になった病態です。大きくわけると、原発性骨粗しょう症(おもに加齢や生活習慣によるもの)と続発性骨粗し…
106
喫煙はもちろん、受動喫煙の有害性も高いのです喫煙は長い歴史の中で作られた習慣ですが、WHOによれば、喫煙関連疾患の死亡者数は、現在年間約500万人、2030年には1000万人に上ると推定され、タバコ規制枠組み条約(FCTC、2005年2月発効)など、…
107
ヘリコバクターピロリ菌の感染は、若年層では近年、低下傾向です胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、なんらかの原因でがん細胞になって増殖を繰り返すことで生じます。胃がん検診で見つけられる大きさになるまでには、何年もかかると…
108
妊婦さんはホルモンバランスの急激な変化や、頻尿・こむら返り・胎動などが原因となって不眠に悩まされることが少なくありません。その場合は、生活リズムを整えて、日中の昼寝をできるだけ我慢したり、就寝前にパソコンや携帯の操作を控える、音楽…
109
フレイルとは年齢が高くなるにつれて体力が低下し、病気になりやすくなる状態に陥ることがあります。こうしてストレスに対して脆弱になり、不健康を引き起こしやすい状態はフレイルと呼ばれています。フレイルの状態では、将来、転倒してしまったり…
110
疲れに効く効能全身疲労カロリー1人分56Kcalネバネバした食材、酸っぱい食材は疲労回復に効果的です。長芋と梅干しの組み合わせで、全身の疲れを癒しましょう。材料2人分長芋150g梅干し1個【材料A】醤油みりん 小さじ1小さじ1/2青じそ4枚作り…
200件中 101~110件 表示