厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 101~110件 表示
101
どのような相談がありますか?「相手に不満はなく、嫌いでもない」「私はいいが相手がどうか、いまさら聞くのも変だし」「互いに忙しく、ほかの楽しみもあり、結婚以来2年になるが2~3回。子どもが欲しくなって相談に来た」などという相談で、婦人…
102
パニック症 これって珍しい病気? パニック症(以前はパニック障害と言われていました)は、100人におよそ1人はかかる比較的ありふれた病気です。20~30代に起こり始めることが多く、女性の方が男性より2~3倍起こりやすいと言われています。 パニ…
103
肌荒れの原因はなんでしょうか?肌荒れを大別すると、①化粧品が合っていない、②皮膚が弱っている、この二つが大きな原因です。①では、使用した部位は、顔も体も同じ症状が出現することが多いのに対して、②では、いつもの化…
104
妊娠中の湿布については、2014年に厚生労働省から妊娠後期における湿布(外用消炎鎮痛剤)の一部を禁忌とする改訂が行われました。インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム、ケトプロフェンなどの成分が含まれたものは、赤ちゃんの心臓に影響を与…
105
フレイルとは年齢が高くなるにつれて体力が低下し、病気になりやすくなる状態に陥ることがあります。こうしてストレスに対して脆弱になり、不健康を引き起こしやすい状態はフレイルと呼ばれています。フレイルの状態では、将来、転倒してしまったり…
106
低用量ピルのメリット10代から40代の多くの女性にとって、低用量ピル(OC)はメリットがある薬です。低用量ピルが避妊薬として1999年に認可されてましたが、その服用率は対象年齢の女性においてまだ低い状況です。日本で低用量ピルが普及しない理…
107
これまでの女性医療は臓器別で均一化された診療でしたこれまで述べたように、女性は月経周期や、思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン変動によって大きく心身の状態が揺さぶられるほか、結婚や育児などのライフイベントによっても、生活…
108
里帰り先の病院によって異なりますが、妊娠30~34週が目安になります。後半の妊婦健診を分娩先の病院で受けることになりますので、確認の上余裕をもって帰省しておくようにしましょう。また、里帰り先の病院では分娩予約に制限を設けていたり、妊娠…
109
女性は生理的にイライラしやすくできていますある程度のイライラは、日常生活上、誰にでも認められる感情です。特に女性は、月経周期や妊娠・出産、更年期の影響で、これらの感情が男性より起こりやすい特徴があります。また、女性は男性より生物学…
110
寝たきりにならない、健康寿命増進のために骨粗しょう症とは、骨密度の低下や骨質の悪化によって骨強度が低下したために、骨折しやすい状態になった病態です。大きくわけると、原発性骨粗しょう症(おもに加齢や生活習慣によるもの)と続発性骨粗し…
200件中 101~110件 表示