厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 91~100件 表示
91
甲状腺は、のどぼとけの下に存在する蝶々形をした組織です。甲状腺の働きは甲状腺ホルモンを産生することです。甲状腺ホルモンは新陳代謝を活発にするホルモンですが、妊娠の維持、子どもの成長にも重要なホルモンです。バセドウ病 TSH受容体抗…
92
原因は精神的な問題と身体的、物理的問題が考えられます性交障害には、精神的な問題が原因になる場合と身体的、物理的なことが原因になる場合があります。前者は年齢を問わず、セックスに対する不安感や嫌悪感がもとになって起きるもので、実際レイ…
93
中学生になっても思春期が来ない場合、いつ病院で相談したらよいでしょうか?平均的な年齢より2年以上遅い場合、すなわち、13歳になっても乳房発育がなかったり、15歳になっても生理が来なかったりする場合には病院を受診した方が良いでしょう。体…
94
独立行政法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所自殺予防総合対策センター松本俊彦リストカットをやめられない…リストカットほど誤解されている行為はありません。何も知らない人は、「あれは周囲の関心を引こうとしている」などと言い…
95
フレイルとは年齢が高くなるにつれて体力が低下し、病気になりやすくなる状態に陥ることがあります。こうしてストレスに対して脆弱になり、不健康を引き起こしやすい状態はフレイルと呼ばれています。フレイルの状態では、将来、転倒してしまったり…
96
里帰り先の病院によって異なりますが、妊娠30~34週が目安になります。後半の妊婦健診を分娩先の病院で受けることになりますので、確認の上余裕をもって帰省しておくようにしましょう。また、里帰り先の病院では分娩予約に制限を設けていたり、妊娠…
97
女性に多い皮下脂肪女性はホルモンの影響で皮下脂肪が多く、脂肪以外の組織量が少ないため、思春期以降では基礎代謝量もエネルギー消費量、筋肉量も、ともに男性より少ないのが特徴です。そのため、必要以上に摂取されたエネルギーは脂肪として蓄積…
98
パニック症 これって珍しい病気? パニック症(以前はパニック障害と言われていました)は、100人におよそ1人はかかる比較的ありふれた病気です。20~30代に起こり始めることが多く、女性の方が男性より2~3倍起こりやすいと言われています。 パニ…
99
日本女性の乳がんは欧米に比べ、閉経前が多いのが特徴です乳がんは、日本では戦後急激に増加し、年間約7万2500人が発病し、1万3千人が命を落としています。今後しばらくは、罹患率、死亡率ともに上昇が続くと予測されています。日本女性の特徴は、…
100
女性は生理的にイライラしやすくできていますある程度のイライラは、日常生活上、誰にでも認められる感情です。特に女性は、月経周期や妊娠・出産、更年期の影響で、これらの感情が男性より起こりやすい特徴があります。また、女性は男性より生物学…
200件中 91~100件 表示