厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 91~100件 表示
91
スポーツに参加する女性のコンディションに影響を与える婦人科の問題として、月経困難症(月経痛)、月経前症候群、ホルモンの変動によるコンディションの変化が挙げられます。これらの婦人科の問題への対策は、コンディショニングやパフォーマンス…
92
不育症の定義 日本産科婦人科学会では流産を以下のように定義しています。 流産とは『妊娠22週未満の胎児が母体から娩出(べんしゅつ)されること』で、妊娠12週未満であれば『早期流産』、妊娠12週以降22週未満ではれば『後期流産』といいます。また…
93
これまでの女性医療は臓器別で均一化された診療でしたこれまで述べたように、女性は月経周期や、思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン変動によって大きく心身の状態が揺さぶられるほか、結婚や育児などのライフイベントによっても、生活…
94
不安が続くと苦痛で生活の質を低下させます不安は、不快であいまいな憂慮の感覚で、誰もが体験する一般的なものです。とはいえ、慢性的な不安は、苦痛をともない、生活の質を低下させます。しばしば頭痛、発汗、動悸、胸部圧迫感、腹部不快感などの…
95
関節リウマチは膠原病の一種です関節リウマチ(RA)は、膠原病のひとつです。膠原病には、シェーグレン症候群や全身性エリテマトーデス(SLE)などがありますが、いずれもリウマチ性疾患に分類されている病気です。そのため、関節痛が共通に起…
96
原因は精神的な問題と身体的、物理的問題が考えられます性交障害には、精神的な問題が原因になる場合と身体的、物理的なことが原因になる場合があります。前者は年齢を問わず、セックスに対する不安感や嫌悪感がもとになって起きるもので、実際レイ…
97
女性は生理的にイライラしやすくできていますある程度のイライラは、日常生活上、誰にでも認められる感情です。特に女性は、月経周期や妊娠・出産、更年期の影響で、これらの感情が男性より起こりやすい特徴があります。また、女性は男性より生物学…
98
10代20代を中心に増加傾向です性感染症は、クラミジアやヘルペス、コンジローマ、淋菌など、10代~20代を中心に増加傾向にあります。英語ではSexuallyTransmittedInfection、略してSTIと呼びます。Infection「感染していること」をDisease「病気」…
99
不眠には3つの状態があります不眠は、「入眠困難(寝つきが悪い)」「中途覚醒(眠っても、よく目を覚ます)」「早朝覚醒(早く目が覚めて困っている)」などに分けられます。また、睡眠時無呼吸症候群があると、よく寝た感じがしない、いびきをかく、呼…
100
パニック症 これって珍しい病気? パニック症(以前はパニック障害と言われていました)は、100人におよそ1人はかかる比較的ありふれた病気です。20~30代に起こり始めることが多く、女性の方が男性より2~3倍起こりやすいと言われています。 パニ…
200件中 91~100件 表示