Q27.「乳房に痛みがあり、しこりがあります。」

A27.「ホルモンバランスが崩れると起こりやすくなりますので、規則正しい生活とストレスのない生活を送りましょう。」

どんな症状? どんな病気?

          

乳腺外来でもっとも多いのが『乳房痛』と『しこり』の相談です。若い方の中には、月経周期と関連して排卵後から月経までの時期に痛みが出たり、乳房全体に凹凸のある腫瘤のようなしこりを触って感じることができるケースがよくあります。

どんな診察をするの?

上記のような症状は一般的に『乳腺症』と呼ばれています。問診と触診だけでは正しい診断は難しいので、必ずマンモグラフィ、乳房超音波検査を行います。画像上で腫瘤を確認できた場合は、乳がんも考慮した精密検査を検討します。検査結果で腫瘤が存在しない場合、それ以上の検査は不要となります。異常のないことを伝えるだけで安心されることが多いです。

治療や対処法は?

誰にでも起こりうる生理現象でホルモンのバランスが崩れることによって起こります。40歳以上の人は、乳がん検診を2年に1回、受けましょう。身内(血縁)に、乳がんか卵巣がんの人がいる場合は、一度、乳腺専門医を受診しましょう。
ホルモンのバランスは生活の中のストレスなどで崩れたりするので、規則的な生活を心がけて、お酒の飲み過ぎやカフェインの摂取を控えることで痛みやしこりが改善することもあります。
また、症状の強い方には、漢方薬の葛根湯、または女性ホルモンを安定させるための低用量のピルの服用なども効果が出るとされています。