Q24.「下腹部に痛みがあります。頻繁に尿意があります。外陰部に違和感があります。」

A24.「『膀胱痛症候群/間質性膀胱炎』や『外陰痛症(外陰前庭痛症)』の可能性があります。」

どんな症状? どんな病気?

          

尿意が頻繁にある、残尿感が残る、下腹部に痛みがある場合、1週間程度抗菌剤を服用して安静にしていれば快方するのが『急性細菌性膀胱炎』、良くならない場合は『膀胱痛症候群/間質性膀胱炎』です。
腟炎の治療をしても外陰部の違和感が取れない場合は、『外陰痛症(外陰前庭痛症)』の疑いがあります。

治療や対処法は?

膀胱痛症候群/間質性膀胱炎と外陰痛症(外陰前庭痛症)は、月経周期や過労、ストレス、気温の変化などで症状が軽くなったり悪化したりを繰り返します。症状が良い時は生活での制限も特にありません。痛みが激しい時や尿意が頻繁な時は、排尿を我慢しないでください。性行為は避け、下半身や腰回りを厚着しカイロなどで温めるとよいでしょう。心身ともにゆっくりできよう心がけてください。月経周期で症状が悪化したり、症状がひどい時は一相性のピルを使用することもありますが、普通は内服薬の量を増やしたり、食事制限で対処します。膀胱痛症候群/間質性膀胱炎の症状が悪くなった時は柑橘類などの果物、カフェインを含む飲み物、チョコレート、人工甘味料、肉加工品、炭酸飲料、トマトやトマト加工品、唐辛子、酢、酸味のある調味料、豆類や豆加工品、残味の強い乳製品、アルコール、酸味のあるパンを控えるとよいでしょう。外陰痛症(外陰前庭痛症)はホウレンソウやピーナッツ、チョコレート、オクラ、煮豆、ブルーベリー、セロリ、イチゴ、紅茶、ナス、かぼちゃ、さつまいも、ふすまなどのシュウ酸を多く含む食品を避けます。