Q22.「気持ちがすぐれなく意欲がわかなかったり、性欲が減退しています。」

A22.「うつの症状が出ている可能性があるので十分な休息を取りましょう。」

どんな症状? どんな病気?

          

・疲れやすい・朝起きるのがつらい・注意力や集中力がない・意欲がわかない・根気がない・起床後は気分がすぐれず夕方になると少し元気が出る・新聞やニュースに興味がない・食欲がない・性欲がない・おしゃれや化粧をする気にならない・朝早く目覚める・夜中に目覚めて寝付けない・急に悲しくなる・生きていくことがイヤになったりします。

①疲れやすい、②朝起きるのがつらい、③朝の気分がすぐれず夕方に少し元気が出る、④朝早く目覚める、⑤夜中目覚めて眠れない⑥注意力や集中力がない、⑦根気がない、⑧お化粧やおしゃれをする気になれない、⑨食欲がない、⑩性欲がない、⑪新聞やテレビニュースを見る気がしない、⑫意欲がわかない、⑬急に悲しくなり涙が出る、⑭生きているのがイヤになることがある、など。

どんな診察をするの?

上記に上げた症状に5つ以上当てはまる場合は、十分な休息を取ってみてください。2週間以上改善しない場合はうつの可能性があります。うつの初期の身体症状として1)不眠 2)めまい、ふらつき 3)体の痛み(頭痛や肩こり、腹痛など) 4)全身の倦怠感 5)食欲不振 6)動悸などがよく出てきます。

治療や対処法は?

女性に多い精神疾患としては摂食障害、月経前症候群(PMS)、産後うつ、更年期うつや不安症状があります。女性は男性に比べうつ病が多く、その原因に女性ホルモンの変動があります。月経前に起こるイライラなどは生活に影響を及ぼし、産後のうつは重症化するとなかなか回復しないので、子供の成長や虐待につながることもあるため注意が必要です。月経前症候群(PMS)の軽いうつなら、食事に注意して、軽い運動やリラクゼーションを心がけます。更年期の女性は、ホルモン充填療法や漢方、抗不安薬を試し、効果が得られない場合は抗うつ剤、精神療法を検討する必要があります。うつは仕事だけでなく生活にもいろいろな影響があるので、早期の発見と治療が重要です。