ふらふらする・疲れやすい (起立性調節障害)

小学校高学年から中学生・高校生にかけて、めまい・立ちくらみ・朝起きられない・腹痛・吐き気・頭痛・乗り物酔いなどのさまざまな症状を訴えることがあります。これらの症状は、自律神経の調節が不安定になって起こるもので、起立性調節障害と呼ばれています。起立性調節障害は基本的にからだの病気ですが、生活習慣や心理的な要因も症状を悪化させる原因になります。子どもは実際に体調の不調を感じており、原因がわからず不安になることでますます症状を強く感じます。また、夕方から夜は元気が出てくるため夜更かしになりやすく、これが朝起きられない状態を悪化させ、不登校などの原因となることもあります。周囲の方は、実際に本人の体調が悪いということを理解した上で、規則正しい生活が出来るよう見守っていく必要があります。内服薬で症状を和らげられることもあるので、症状が強く生活に支障をきたしているときは病院で相談して下さい。