おりもの・かゆみ

正常なおりものは腟の自浄作用のしるしです

おりものやちょっとしたかゆみは、生理的によくある症状で、腟には自浄作用があります。
個人差はありますが、正常なおりものの色は、透明に近いか、白っぽい色です。下着などについて、乾くと薄黄色に変色します。
臭いは、かすかに甘酸っぱさがある場合が多いです。この臭いの元は、デーデルライン桿菌という善玉の乳酸菌です。

おりものの量は、体調によって増減しますが、正常な状態では卵白のように伸びがあります。
おりものは、腟の中を酸性にして適度な潤いをもたせることで、外敵の侵入を防いだり、性交渉の準備をしたり、妊娠しやすい状態を作ったりする大切なものです。これが腟の自浄作用です。

おりものの異常で多いのは腟炎です

女性ホルモンのバランスや体調を崩すことで自浄作用が低下し、腟炎を発症することがあります。
おりものの色が緑、黄、茶色などで、臭いがあれば腟炎を疑います。

多いのはカンジダ腟炎です。カンジダ腟炎は、体調の低下などでよく起こる腟炎です。性感染の場合もありますが、セックス経験のない人にも発症します。
ほかにナプキンを長時間使用していることで腟炎を起こすこともあります。また、皮脂やアポクリン腺、毛嚢などの皮膚炎による場合があります。

どんな病気の可能性がありますか?

腟の分泌物培養による菌の検査を行います。
ヨーグルトや豆腐のカス状のおりものがある場合は、カンジダ腟炎を疑います。
下腹痛や緑がかったおりもののある方には、クラミジアの検査(血液による抗体、もしくは頚管内での抗原採取)も行います。
初期のヘルペスや尖圭コンジローマでないことも確認します。
泡沫状の黄色のおりものが現れる場合は、トリコモナス腟炎の可能性もあります。

茶褐色や赤っぽい場合には、おりものに血が混じっている可能性があります。悪臭がする、おりものが増加したなどの症状が重なっている場合には、子宮頸がん子宮体がんなどが疑われます。

腟状や抗真菌剤、抗生剤などで比較的簡単に改善します

腟炎の場合は、早期治療で治療期間も短くすみます。
菌が同定された場合は、それに応じた腟錠や軟膏の処方(抗真菌剤や抗生剤)、また強いかゆみにはステロイドの含まれた軟膏を短期間処方することもあります。

また、パートナーが性感染症(STD)などの疑わしい症状がないかを確認することも大切です。
性感染症の場合、パートナーと同時に治療をすること、治療期間セックスを禁止することで再発が激減します。
症状が軽くなると再検査を受けない人がいるため、性感染症なら、再発防止のために再検査の必要性をよく理解することも重要です。