お知らせ

40件中 1件~10件 表示
f
ロボット支援下手術は従来の開腹手術と比べてより繊細な操作ができるため、傷跡や出血が最小限に抑えられ患者さんの体への負担が少ない手術です。日本で保険診療可能なロボット支援下手術は、従来前立腺がんや腎臓がんに限られていましたが、2018年度診療報酬改…
f
総務省が7月30日に発表した2019年6月の労働力調査で、女性の就業者数が初めて3000万人を突破したことが分かりました。これは30代を中心とした出産・育児期に就業率が下がるいわゆる「M字カーブ」が解消してきていることを表します。就業者数の男女差は縮まりつつ…
f
国立感染症研究所は、7月30日、今年の風疹患者数が2000人を超えたと発表しました。 (『風疹流行に関する緊急情報』) 風疹は、昨年夏から首都圏を中心に流行が続いています。風疹は咳やくしゃみを介して感染し、発熱や発疹などの症状が見られます。妊娠初期に…
f
平成25年4月から国内で実施されている新型出生前診断(NIPT:http://w-health.jp/fetation/nipt/)をめぐり、認可外施設で検査が実施されるなどの問題が増加しています。赤ちゃんの病気の可能性があると判定された場合にはその後の対応が必要であり、実施は日本産…
f
性交後に妊娠を防ぐために服用する緊急避妊薬のオンライン診療での処方が可能となる方針が、厚生労働省の「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」で提出されました。緊急避妊薬は性暴力などによる望まない妊娠を防ぐ目的で使用され、…
f
不妊治療をしている835名の女性(平均年齢37歳)に対してアンケートを日本産科婦人科学会生殖内分泌委員会(調査小委員長 明樂重夫日本医科大学教授)がおこない、その結果が第71回日本産科婦人科学会において公表されました。94%の方々はキャリアよりも不妊治…
f
日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は、産婦人科医が女性の健康を生涯にわたって総合的に支援することを目指し、3月3日ひな祭りを中心に、3月8日国際女性の日までの8日間を「女性の健康週間」と定め、2005年にその活動を開始しました。2008年か…
f
2018年もいよいよ年の瀬となりました。今年最後のレシピは、ホームパーティでもお役立ちの、見た目も華やかなエスカベッシュ(洋風南蛮漬け)です。 栄養豊富なパプリカを加えて彩りよく仕上げましょう。 発酵食品である塩こうじを使用することで、美容にも効…
f
今回は、モチモチした食感が美味しい、おやつにもおつまみにも使える「れんこん」のレシピをご紹介します。 れんこんはでんぷんが多く含まれていますので、寒い季節に身体をあたためてくれる効果があります。 ビタミンCも豊富で、古くから薬膳や民間療法にも用…
f
今回は、低カロリーなのに満腹感のある「きのこ」をたっぷり使用したリゾットをご紹介します。 きのこは食物繊維が豊富で便秘で悩む女性の強い味方!さらにカルシウムの吸収をサポートするビタミンDも含むので、日々の健康の面からみても定期的に取り入れたい…
40件中 1件~10件 表示