更年期障害とは?

更年期障害は千差万別、一人ひとり症状も重症度も異なります

閉経(1年間月経がない状態)の平均年齢は、50.5歳ですが、これを挟んだ前後10年間を更年期と呼びます。
卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は、20~30代でピークを迎えますが、40代に入ったころから急激に低下が始まります。
これにともなって、さまざまな身体的、精神的症状が現れるのが更年期障害です。個人差はありますが、早い人は40代に入ってすぐ症状を自覚することもあります。

女性ホルモンの低下はすべての女性に起こりますが、全員が更年期障害を起こすわけではありません。
更年期障害を起こす背景には、心的ストレスや性格的なものが強く影響し、たいした症状を感じないまま過ぎる場合もあれは、日常生活に支障をきたすほどひどくなる場合もあります。
症状も千差万別で、重い人も軽い人も、あまり不調を感じない人もいます。

家庭でも社会でも重要なポジションにいる世代だから

40代、50代は家庭の主婦であれば、子どもの成長と独立、夫の定年、親の加齢による病気や死、などの変化が訪れるときであり、また働く女性には仕事の責任が増してくる時期です。
もちろん、その両方をこなしている女性も現代では多いことでしよう。

特にこの世代は、高学歴で社会経験があり、結婚や妊娠で仕事を辞めるケースが多かったので、子育ての終了とともに生きがいを喪失してしまうことがあります。
ポテンシャルは高いのに、そのエネルギーの使い道が見つからない、ということです。これが更年期障害の原因になることも多いのです。

このような外的なストレスに加えて、体の中ではホルモン低下という変化が起こるので、上手にストレスマネージメントができないと、更年期障害は重症化してしまいます。

更年期障害の代表的な症状は…

更年期症状は、多岐にわたりますが、おもな症状は次のようなものです。
ほてり、のぼせ、発汗、冷えめまい、耳鳴り頭痛、動悸、息切れ、イライラ不安感不眠、抑うつ、無気力、肩こり腰痛、関節痛、疲労感、皮膚症状(乾燥、かゆみ、湿疹など)、腟の乾き、性交痛、頻尿、尿失禁、膀胱炎。
このほか、さまざまな症状を呈します。

更年期だからと自己判断せず、婦人科で診断を

生理不順になってきていて、前述のような症状を訴える場合は、更年期障害とみることができますが、安易になんでも「更年期だから」と片づけてしまうと、実はほかの病気を見逃していた、ということもあります。
いろいろな症状が出るので、内科や耳鼻科、脳神経外科などを受診する人も多いのですが、そこで検査して何も異常が出なかった場合は、更年期障害を疑います。

血液中のホルモン濃度を測定することで、更年期パターンになっているかどうかがわかります。
エストロゲンとプロゲステロンの低下とともに、下垂体からの指令ホルモンであるLHとFSHが上昇しているなら、更年期障害のパターンです。

どんな治療がありますか?

女性ホルモンの低下による不調に対しては、ホルモン補充療法(HRT)や漢方薬による治療が行なわれます。

HRTに使うホルモン剤はいろいろありますので、症状により使い分けができます。ホルモン剤は内服薬のほかに、皮膚に貼るパッチ剤や皮膚に塗るジェル剤もあります。
腟の乾きや性交障害には、ホルモン剤の腟錠や潤滑ゼリーなどが有効です。

ホルモン剤と漢方薬を併用して使うこともできますし、漢方薬だけで対処する場合もあります。
また、自律神経調整薬、睡眠剤や向精神薬を使うこともあります。

ここで大事なのは、更年期障害の背景に心的ストレスや性格的なものがあるので、薬物療法だけでは十分でないことがある、ということです。カウンセリングが有効なこともあります。

平均寿命が80歳を超えるようになった今、更年期から後の人生が昔に比べ長くなっています。
ある意味、更年期は人生のターニングポイントです。ここでもう一度自分の人生を見直し、今までの生活パターンをシフトさせることこそ、この時期に必要なことです。
更年期をネガティブに捉えず、生きがいを持って生き生きとした毎日を過ごすことが更年期障害の予防といえます。