胃がん

ヘリコバクターピロリ菌の感染は、若年層では近年、低下傾向です

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、なんらかの原因でがん細胞になって増殖を繰り返すことで生じます。胃がん検診で見つけられる大きさになるまでには、何年もかかると言われています。
胃がんの原因は、喫煙や食生活などの生活習慣や、ヘリコバクターピロリ菌の持続感染などが胃がんのリスクを高めると言われています。食生活については、塩分の多い食品の過剰摂取や、野菜、果物の摂取不足も一因と言われています。
日本人のヘリコバクターピロリ菌の感染は、中高年で高く、若年層では近年、低下傾向です。ヘリコバクターピロリ菌に感染した人の全てが胃がんになるわけではありません。現在、除菌療法が胃がんにかかるリスクを低くするという研究結果が出つつあり、感染していることがわかれば、除菌が推奨され、定期的な胃の検診を受けることが勧められます

自覚症状は早期ではありません

胃がんは、早い段階で自覚症状が出ることはあまりありません。かなり進行しても無症状の場合があります。代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などがあります。これらの症状は、胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍の場合でも起こります。
胃がんは、40代後半以降に高くなりますが、日本全体で罹患率は男女とも大きく減ってきています。しかし、高齢化のために胃がんにかかる人の全体数は横ばいです。以前と比べると、胃がんで亡くなる人の割合は減ってきています。

早期発見のためには検診を受けましょう

早期の胃がんの多くは、検診によって発見されています。症状がなくてもの、定期的に検診を受けることが、早期発見のために最も重要です。胃の検査方法は、胃X線検査、及び胃の内視鏡検査です。

どのような治療がありますか?

胃がんの治療は、手術(外科治療)、内視鏡治療、薬物療法(化学療法)の3つが中心です。治療法は病期(ステージ)によって変わり、医師と相談のうえ決めていきます。

さらに詳しい情報は『がん情報サービス』「胃がん」をご覧ください。
http://ganjoho.jp/public/cancer/stomach/index.html