子宮頸がん

20代、30代のこれから妊娠、出産する世代に増えています

子宮頸がんは40代の女性に発症のピークがあります。どの年代も1980年ごろから減少してきたのですが、最近、10代後半から20代という若い世代に子宮頸がんの発症率が増加しつつあります。これは、初めてセックスする年齢が年々低下していることと関係があります。
子宮頸がんの原因とされているのは、HPV(ヒトパピローマウィルス)の感染です。HPVはセックスで感染します。HPVは非常にありふれたウイルスでどこにでもいて、一生のうちで80%の女性は、感染した経験をもっているのです。20歳になったら子宮頸がん検診を2年に1回は行うことが重要です。

初期には全く自覚症状がありません

子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部にできます。細胞がダメージを受けると、最初に異形成(前がん病変)という病変になります。初期は全く症状がありません。
異形成の状態になっても、ほとんどの人が正常細胞に戻りますが、ごく一部の人が上皮内がん(早期がん)へ進みます。さらに、わずかな人は進行がんへ進みます。進行すると、不正出血月経不順がみられます。性交時出血もあり、おりものの汚れを感じる人もいます。さらに進むと、腰痛が出る人もいます。

どんな検査をしますか?

子宮頸がんの診断には、細胞診と呼ばれる細胞の顕微鏡検査が必須です。子宮がん検診では、この方法で行われます。子宮頸部をスパーテルやブラシといった器具で擦って、細胞をガラスに乗せます。それを染色して顕微鏡で調べます。日本の子宮頸がんの診断率は99%以上という信頼性です。
しかし、これはスクリーニングといって、がんの心配のある人をピックアップするだけです。確定診断ではありません。
細胞診の検査結果は、5段階で表現されます。クラスⅠ、Ⅱは正常です。Ⅲaは軽度ないし中等度の異形成(前がん病変)、Ⅲbは高度異形成です。Ⅳは上皮内がん、Ⅴは浸潤がんを想定しています。クラスⅢa以上の場合は、さらに組織診を行います。コルポスコープ(腟拡大鏡)で確認して、変化している部分の組織を採取します。この段階で異形成なのか、上皮内がんなのか、浸潤がんなのか区別することができます。
がんと診断がつくと、CTやMRIなどの画像診断を受けます。がんの拡がりをみるためです。リンパ節や他の臓器に転移していないかを確認します。血液検査で腫瘍マーカー検査も行われます。
初期の段階で、がんを発見できれば、ほぼ100%完治します。妊娠や出産にも支障はありません。まずは細胞診を受けることが大切です。

子宮頸がん予防ワクチン

HPV(ヒトパピローマウイルス)には、100種類以上のタイプがあり、このうち15種類が子宮頸がんの原因となるハイリスクタイプに分類されています。ハイリスクタイプに分類されるHPVの15種類のうち、2種類(16型と18型)の感染による子宮頸がん(扁平上皮がん、腺がん)及び、その前がん病変に対して高い予防効果があるとされています。
子宮頸がん予防ワクチンについて詳しくは、国立がん研究センター『がん情報サービス』の「子宮頸がんの予防(ヒトパピローマウイルスと予防ワクチン)」http://ganjoho.jp/public/pre_scr/prevention/cervix_uteri.html をご覧ください。ワクチン接種を受けた場合でも、定期的に子宮頸がん検診を受けることが大切です。

異形成の場合はどうしたら?

クラスⅢa(軽度、中等度異形成)の場合は、定期的な検診を受けることをお勧めします。そして、細胞の変化を観察します。正常に戻る場合も少なくありません。
クラスⅢb(高度異形成)のうち、組織診でも上皮内がんと区別がつかない場合は、子宮頸部の円錐切除術を行います。これは、がんの拡がりを確認する検査の意味もあります。切除した断片にがんが認められたら、がんの部分は広いと考えられ、子宮を摘出する手術をします。

子宮頸がんの治療は?

進行したがんでは、広汎性子宮全摘出術が行われます。この手術は子宮だけでなく、子宮結合組織(子宮の周りの組織)や骨盤内のリンパ節を摘出します。場合によっては、放射線治療や化学療法を選択します。
円錐切除術を受けた場合、子宮の入り口が切除されるので、妊娠中に子宮口が広がりやすくなることがあります。
子宮の摘出術を受けると、子宮を失ったことで女性としてのアイデンティティが揺らぎ、自信を失う女性もいます。子宮がなくなっても女性であることに変わりありません。
広汎性子宮全摘出術を受けた場合は、術後の後遺症として、排尿障害やリンパ浮腫が起こることがあります。リンパ浮腫の患者会もあり、助け合いの輪が広がっています。患者会ではスキンケア、マッサージ、圧迫した状態での運動などを勧めています。
さらに詳しい情報は『がん情報サービス』「子宮頸がん」をご覧ください。
http://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/index.html