厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 81~90件 表示
81
不育症の定義 日本産科婦人科学会では流産を以下のように定義しています。 流産とは『妊娠22週未満の胎児が母体から娩出(べんしゅつ)されること』で、妊娠12週未満であれば『早期流産』、妊娠12週以降22週未満ではれば『後期流産』といいます。また…
82
10代20代を中心に増加傾向です性感染症は、クラミジアやヘルペス、コンジローマ、淋菌など、10代~20代を中心に増加傾向にあります。英語ではSexuallyTransmittedInfection、略してSTIと呼びます。Infection「感染していること」をDisease「病気」…
83
性暴力ウィメンズクリニック・かみむら上村茂仁性暴力とは、性的な要素を含んだ行為を暴力や誘惑などで相手に強要することをいいます。たとえば乗り物の中やスーパーやコンビニなどでの痴漢、恋人間での性暴力(デートDV)、レイプ(他人・知人)、…
84
フレイルとは年齢が高くなるにつれて体力が低下し、病気になりやすくなる状態に陥ることがあります。こうしてストレスに対して脆弱になり、不健康を引き起こしやすい状態はフレイルと呼ばれています。フレイルの状態では、将来、転倒してしまったり…
85
立ちくらみ、フラフラするなどは鉄欠乏性貧血の可能性が女性は毎月の生理で出血しているため、どうしても貧血にはなりやすいのですが、そのほとんどは鉄分が不足して起こる鉄決欠乏性貧血です。鉄分は、赤血球の中のヘモグロビンの中心的な成分です…
86
むくみの原因は?むくみは、婦人科や女性外来で遭遇することの多い訴えのひとつです。むくみの部位や程度はさまざまで、いわゆる体質的な部分に加え、女性ホルモンの変動や生活習慣など、その原因は複雑だと考えられます。立位や座位など、同じ姿勢…
87
不眠には3つの状態があります不眠は、「入眠困難(寝つきが悪い)」「中途覚醒(眠っても、よく目を覚ます)」「早朝覚醒(早く目が覚めて困っている)」などに分けられます。また、睡眠時無呼吸症候群があると、よく寝た感じがしない、いびきをかく、呼…
88
もの忘れがひどい人の名前や漢字が思い出せないことは、更年期以降になると、だれもが経験することです。しかしながら、「重大なもの忘れが増えてきた」と感じたときは、早めに精神科や脳神経外科などを受診しましょう。疑わしい病気のひとつはアル…
89
メタボリックシンドローム糖尿病メタボリックシンドローム生活習慣病といわれるおもな病気には、「肥満症」「高血圧症」「糖尿病」「脂質異常症(高脂血症)」などがあります。これらの疾患は、それぞれに原因があるのではなく、内臓に脂肪が蓄えら…
90
どんな症状?禁煙ができないのは単に「意思の弱さ」ではなく、タバコのニコチンに対しての身体的な依存と、喫煙を繰り返すことでできた習慣への心理的な依存のためです。タバコを吸うと、薬物注射のように6秒くらいでニコチンが脳細胞に到達して、…
200件中 81~90件 表示