厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 71~80件 表示
71
妊娠中・産後の予防接種について 妊娠中に受ける人が多いのはインフルエンザワクチンです。これは不活化ワクチンなので妊娠中でも受けられます。一方、生ワクチンは妊娠中に受けることができません。特に気をつけたいのは、風疹です。妊娠第20週頃…
72
女性特有の不調改善は、漢方医療の得意分野です忙しい毎日を送り、ストレスの多い現代社会を生きている女性たち。自分でも気づかないうちに疲れがたまり、体や心、肌に不調を感じることもあります。さらに女性の体は、毎月の月経周期によって女性ホ…
73
0~2歳の女の子でおっぱいが大きくなること(乳房発育)は珍しくありません。多くは乳房発育の他に症状がないので「早発乳房」と呼ばれます。「早発乳房」はお子さんの発育に影響はないため、治療する必要はありません。 この「早発乳房」と区別…
74
更年期世代の女性の健康づくりと働き方はいまや社会的な関心事です!今、日本の更年期の女性は、労働力率は75%にのぼる20代と肩を並べる働き手であり、また、職場の責任を担う管理職としての役割も求められる世代です。加えて、1986年に施行された…
75
どんな症状がありますか?ベッドから起きあがるとき、歩き始めるときなど、動作を開始するときに膝や腰の関節が痛む、という訴えはよくある不調です。また、正座や中腰の姿勢、階段の昇り降り、などの特定の動作や、長時間の立位や歩行後などに「膝…
76
どのような相談がありますか?「相手に不満はなく、嫌いでもない」「私はいいが相手がどうか、いまさら聞くのも変だし」「互いに忙しく、ほかの楽しみもあり、結婚以来2年になるが2~3回。子どもが欲しくなって相談に来た」などという相談で、婦人…
77
不安が続くと苦痛で生活の質を低下させます不安は、不快であいまいな憂慮の感覚で、誰もが体験する一般的なものです。とはいえ、慢性的な不安は、苦痛をともない、生活の質を低下させます。しばしば頭痛、発汗、動悸、胸部圧迫感、腹部不快感などの…
78
「思春期」はこどもからおとなへ変わってゆく移行期全体をさす言葉です。この時期には女性ホルモンが上がっていくことによって、「二次性徴」と呼ばれるからだの変化があらわれます。女の子の二次性徴は、乳房が発育して胸が大きくなることから始ま…
79
同性愛、多様な性のあり方岡山大学大学院保健学研究科岡山大学ジェンダークリニック中塚幹也性別はどうやって決まる?生物学的性(セックス、からだの性)は性染色体(XYは男性、XXは女性)、性器や外陰部の形(ペニスや精巣の有無、子宮や卵巣の有…
80
ピア支援とはひとりで悩んでいる人のためのサポートシステムです更年期症状の現れ方は個人差が大きく、あまりつらい思いをせずに過ごせる人、日常生活にも支障をきたすほどの不調を経験する人など、さまざまです。このため、自分だけが不調なのでは…
200件中 71~80件 表示