厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 61~70件 表示
61
子宮頸がんと異なり、更年期以降の女性に多いがんです「子宮内膜がん」とも言われているように、子宮内膜に発生するがんです。不正出血をともない、ほかには色のついたおりもの、下腹部痛などの症状がきっかけで、発見されるケースが多いです。次の…
62
「ホルモン補充療法」を味方につけて女性ホルモンの減少がおもな原因のひとつである更年期障害の症状の緩和のためには、減ったホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)が効果を発揮します。特に、のぼせ、ほてり、発汗といったホットフラッシュ…
64
更年期世代の女性の健康づくりと働き方はいまや社会的な関心事です!今、日本の更年期の女性は、労働力率は75%にのぼる20代と肩を並べる働き手であり、また、職場の責任を担う管理職としての役割も求められる世代です。加えて、1986年に施行された…
65
妊娠中・産後の予防接種について 妊娠中に受ける人が多いのはインフルエンザワクチンです。これは不活化ワクチンなので妊娠中でも受けられます。一方、生ワクチンは妊娠中に受けることができません。特に気をつけたいのは、風疹です。妊娠第20週頃…
66
20代、30代のこれから妊娠、出産する世代に増えています子宮頸がんは40代の女性に発症のピークがあります。どの年代も1980年ごろから減少してきたのですが、最近、10代後半から20代という若い世代に子宮頸がんの発症率が増加しつつあります。こ…
67
10代20代を中心に増加傾向です性感染症は、クラミジアやヘルペス、コンジローマ、淋菌など、10代~20代を中心に増加傾向にあります。英語ではSexuallyTransmittedInfection、略してSTIと呼びます。Infection「感染していること」をDisease「病気」…
68
女性特有の不調改善は、漢方医療の得意分野です忙しい毎日を送り、ストレスの多い現代社会を生きている女性たち。自分でも気づかないうちに疲れがたまり、体や心、肌に不調を感じることもあります。さらに女性の体は、毎月の月経周期によって女性ホ…
69
生肉(火を十分に通していない肉)、生ハム、サラミ、加熱していないチーズなどは胎児に異常を起こす感染症の原因となる微生物が含まれていることがあるので、妊娠中は食べないほうが無難です。生卵、生の魚介類にも食中毒や流早産の原因となる細菌…
70
むくみの原因は?むくみは、婦人科や女性外来で遭遇することの多い訴えのひとつです。むくみの部位や程度はさまざまで、いわゆる体質的な部分に加え、女性ホルモンの変動や生活習慣など、その原因は複雑だと考えられます。立位や座位など、同じ姿勢…
200件中 61~70件 表示