厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 51~60件 表示
51
発熱があるかどうかをチェックしましょうだるくて疲れがとれないと、症状を訴える女性の悩みは、大変よく聞かれる症状です。まず、発熱があるかどうかを必ず確認します。発熱がある場合と、ない場合では、疑う疾患が異なります。また、体重の変化・…
52
骨盤臓器脱尿もれ、尿失禁慢性骨盤部痛症候群骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱脱・直腸脱)筋肉や靭帯が緩むことで子宮や膀胱が外に飛び出す!骨盤内にある子宮や膀胱、直腸は、筋肉や靭帯などの支持組織に支えられて位置を保っています。これらの支持組織…
53
0~2歳の女の子でおっぱいが大きくなること(乳房発育)は珍しくありません。多くは乳房発育の他に症状がないので「早発乳房」と呼ばれます。「早発乳房」はお子さんの発育に影響はないため、治療する必要はありません。 この「早発乳房」と区別…
54
婦人科を受診するタイミングは?月経痛(生理痛)は、子宮内で月経血を押し出そうとするホルモン(プロスタグランジン)の働きによるものです。このメカニズムは、陣痛とほとんど同じなので、多少の痛みは生理的な現象です。しかし、月経痛によって…
55
確実な避妊法を教えて!女性クリニックWe!TOYAMA種部恭子二重の防御「低用量ピル+コンドーム」がおススメ日本では避妊法としてコンドームを選択する人が多いですが、実は、コンドームをつけているのに妊娠してしまう人が約14%!なんと7組に1組、7…
56
下腹部や腰が痛みます月経困難症は、月経の直前あるいは開始とともに症状が発現し、月経の終了前あるいは終了とともに消失するのが一般的で、おもに下腹痛、腰痛など疼痛を主症状として現れる症候群を指します。婦人科でよく相談を受ける病気のひと…
57
女性ホルモンの変動によって女性の心と体はさまざまな影響を受けます女性は思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン状態によって、また、結婚や育児などのライフステージによって男性とは異なった心身の変化をしています。その理由はいくつ…
58
同性愛、多様な性のあり方岡山大学大学院保健学研究科岡山大学ジェンダークリニック中塚幹也性別はどうやって決まる?生物学的性(セックス、からだの性)は性染色体(XYは男性、XXは女性)、性器や外陰部の形(ペニスや精巣の有無、子宮や卵巣の有…
59
子宮頸がんと異なり、更年期以降の女性に多いがんです「子宮内膜がん」とも言われているように、子宮内膜に発生するがんです。不正出血をともない、ほかには色のついたおりもの、下腹部痛などの症状がきっかけで、発見されるケースが多いです。次の…
60
女の子の思春期は、乳房発育から始まり、女性ホルモンが徐々に上がっていくことによって、陰毛発育、生理へと進んでいきます。それと同時に女性ホルモンの作用によって、急に身長が伸びたり、骨の成熟が進んだりします。乳房発育の起こる年齢は平均…
200件中 51~60件 表示