アクセスランキング

200件中 41~50件 表示
41
“うつ”にもさまざまなタイプがあります「うつ」という言葉がかなり浸透してきましたが、ひと口に「うつ」といってもいろいろなタイプがあります。いわゆる「うつ病」は、特に原因やきっかけがはっきりしなくても起こることがあり、治療や自然経過の…
42
定期健診に行ったら赤ちゃんの心拍が見えないと言われた、出血があって受診してみたらもう流産した後だった、胎動が少ない気がして受診してみたら赤ちゃんの心臓が動いていなかった…。赤ちゃんが亡くなってしまった、という事実はとてもショックな…
43
思春期は急激に身長が伸びる時期であり、当然体重も増加していきます。栄養も成長期のため成人より多く必要で、中学女子(12~14歳)の食事摂取基準は2400カロリーとなっています。しかし、実際に摂取されているカロリーはこれを下回っており、世界…
44
妊娠中の決まった時期に行われる主な検査とその異常をあげていきます。1. 貧血 血液中の赤血球が少なくなることを貧血といいます。妊娠中は、赤血球の増加に比べそれを浮かべる水(血漿といいます)の量がさらに増加するため、薄まったような状態に…
45
女の子の思春期は、乳房発育から始まり、女性ホルモンが徐々に上がっていくことによって、陰毛発育、生理へと進んでいきます。それと同時に女性ホルモンの作用によって、急に身長が伸びたり、骨の成熟が進んだりします。乳房発育の起こる年齢は平均…
46
心配事が、さらにお腹のトラブルを引き起こします大事な会議や緊張する人との面談など、ストレスのかかるイベントがあるたびに、お腹がグルグルと鳴ったり、トイレの場所を気にすることが多くなったりします。腹痛や便秘、ガスに悩まされている人も…
47
正常なおりものは腟の自浄作用のしるしですおりものやちょっとしたかゆみは、生理的によくある症状で、腟には自浄作用があります。個人差はありますが、正常なおりものの色は、透明に近いか、白っぽい色です。下着などについて、乾くと薄黄色に変色…
48
20代、30代のこれから妊娠、出産する世代に増えています子宮頸がんは40代の女性に発症のピークがあります。どの年代も1980年ごろから減少してきたのですが、最近、10代後半から20代という若い世代に子宮頸がんの発症率が増加しつつあります。こ…
49
不安障害とは 「不安障害」というのは、精神的な症状が出る疾患の中で、不安を主症状とする疾患群をまとめた名称です。その中には、特徴的な不安症状が出るものや、原因が過去の体験記憶によるもの、体の病気や物質によるものなど、様々なものが含…
200件中 41~50件 表示