アクセスランキング

188件中 41~50件 表示
41
妊娠中の飛行機の移動や旅行自体が赤ちゃんに異常を引き起こすということはありませが、相応のリスクが伴います。地域によっては赤ちゃんに影響する感染症にかかる可能性や旅先でのトラブルに適切な治療ができない可能性があります。妊娠中はお産に…
42
婦人科を受診するタイミングは?月経痛(生理痛)は、子宮内で月経血を押し出そうとするホルモン(プロスタグランジン)の働きによるものです。このメカニズムは、陣痛とほとんど同じなので、多少の痛みは生理的な現象です。しかし、月経痛によって…
43
妊娠中のレーザー脱毛は止めてください。また、妊娠中は肌が敏感になることが多いので、陰部周囲のカミソリなどでの除毛も避けたほうが無難です。除毛クリームも赤ちゃんへの悪影響が完全には否定できないので使用しないようにしましょう。カミソリ…
44
子宮頸がんと異なり、更年期以降の女性に多いがんです「子宮内膜がん」とも言われているように、子宮内膜に発生するがんです。不正出血をともない、ほかには色のついたおりもの、下腹部痛などの症状がきっかけで、発見されるケースが多いです。次の…
45
ハイヒールを履くこと自体が赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。しかし腰痛の原因となったり、転倒しやすくなるため、結果的にお腹の赤ちゃんにとって望ましくありません。妊娠中はなるべくフラットシューズでオシャレを楽しむようにしまし…
46
妊娠中でもシートベルトを正しく着用することで、お母さんと赤ちゃんへの傷害を軽減することができます。正しい装着法とはお腹を圧迫しないよう「斜めベルトは両乳房の間を通し、腰ベルトは恥骨上に置き、いずれのベルトも妊娠子宮を横切らない」方…
47
妊娠中の不規則な収縮はどの妊婦さんにも起こります。生理的な収縮で、早産の原因となる収縮とは異なり、横になって安静にすることでおさまるので心配はありません。もし、1時間で5〜6回以上ある場合や、安静にしても治らない場合には、切迫早産の…
48
産後の性生活開始に指針はありませんが、産後1か月くらいの産道が治りその確認の診察が終わるまでは控えるようにしましょう。それ以降は問題ありませんが、生理が再開する前にも予期せぬ排卵をしている可能性があるため、次のお子さんをまだ考えて…
49
性暴力ウィメンズクリニック・かみむら上村茂仁性暴力とは、性的な要素を含んだ行為を暴力や誘惑などで相手に強要することをいいます。たとえば乗り物の中やスーパーやコンビニなどでの痴漢、恋人間での性暴力(デートDV)、レイプ(他人・知人)、…
50
妊婦さんはホルモンバランスの急激な変化や、頻尿・こむら返り・胎動などが原因となって不眠に悩まされることが少なくありません。その場合は、生活リズムを整えて、日中の昼寝をできるだけ我慢したり、就寝前にパソコンや携帯の操作を控える、音楽…
188件中 41~50件 表示