アクセスランキング

200件中 41~50件 表示
41
“うつ”にもさまざまなタイプがあります「うつ」という言葉がかなり浸透してきましたが、ひと口に「うつ」といってもいろいろなタイプがあります。いわゆる「うつ病」は、特に原因やきっかけがはっきりしなくても起こることがあり、治療や自然経過の…
42
不正出血とは?月経以外の性器出血を不正出血といいます。月経であっても、いつもより極端に量の多少がある場合や持続期間が長過ぎたり、短か過ぎたり、また不定期に繰り返される場合なども不正出血と考えてよいでしょう。不正出血は多くの人が誰経…
43
ドライマウス口のネバネバ感、口臭や美味しくないなどもドライマウスの症状としては、口が渇く、舌がヒリヒリする、しゃべりづらい、口の中がネバネバする、食べ物が飲み込みづらい、口臭が気になる、味が美味しくないなどがあります。更年期障害の…
44
「ホルモン補充療法」を味方につけて女性ホルモンの減少がおもな原因のひとつである更年期障害の症状の緩和のためには、減ったホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)が効果を発揮します。特に、のぼせ、ほてり、発汗といったホットフラッシュ…
45
いつ、どこで、何をしているときに起こるのかを説明します「疲れると耳鳴りやめまいがしてきます」という訴えも更年期世代の女性には多くあります。耳鳴りとめまいは、はっきりした原因は不明ですが、内耳が障害されると明らかに出現する症状なので…
46
東京大学大学院医学系研究科産科婦人科学講座川名敬KeiKawana1.女性にとって重要なワクチン接種21世紀は「予防医学」の時代と言われています。ワクチン接種によって予防しうる疾患があります。予防接種は、性差なく年齢を問わず不可欠な知識であ…
47
20代、30代のこれから妊娠、出産する世代に増えています子宮頸がんは40代の女性に発症のピークがあります。どの年代も1980年ごろから減少してきたのですが、最近、10代後半から20代という若い世代に子宮頸がんの発症率が増加しつつあります。こ…
48
女の子の思春期は、乳房発育から始まり、女性ホルモンが徐々に上がっていくことによって、陰毛発育、生理へと進んでいきます。それと同時に女性ホルモンの作用によって、急に身長が伸びたり、骨の成熟が進んだりします。乳房発育の起こる年齢は平均…
49
10代20代を中心に増加傾向です性感染症は、クラミジアやヘルペス、コンジローマ、淋菌など、10代~20代を中心に増加傾向にあります。英語ではSexuallyTransmittedInfection、略してSTIと呼びます。Infection「感染していること」をDisease「病気」…
50
GBSとはB群溶血性レンサ球菌の略で、妊婦さんの6-10%が喉や腟の中、外陰部に保有している細菌です。保菌しているといってもお母さんへ病気を引き起こすことはありませんが、分娩の際に赤ちゃんへ感染すると稀に肺炎や髄膜炎、敗血症を来すことが知…
200件中 41~50件 表示