アクセスランキング

177件中 41~50件 表示
41
外出するときはマスクやめがねを使用して花粉の侵入をできるだけ防ぎましょう。薬に関しては、安全性が不明なものもあるので、使用する前に耳鼻咽喉科や産婦人科で相談してみてください。また、『妊娠と薬情報センター』(http://www.ncchd.go.jp/k…
42
安全なお産を応援するのが助産師と産科医の役目です お産に際して、妊婦さんのお手伝いや陣痛をやわらげるように協力するのが、助産師さんです。分娩中に母体に異常が生じた場合や、胎児に元気がなくなった場合など、なんらかの処置が必要になりま…
43
妊娠中は赤ちゃんに栄養を行き渡らせるために母体の血液量が増加します。そのため細胞組織の液体と血液のバランスが崩れることから、むくみやすくなっています。それに加えて大きくなった子宮に足の血管が押されて血流が悪くなり、妊娠後期はさらに…
44
月経周期は25日~38日であれば正常です月経が始まった日を1日目と数えて、次の月経が開始する前の日までを月経周期と定義します。月経には個人差がありますが、周期は25日~38日であれば正常です。周期が39日以上と長いときは稀発月経、24日以内と…
45
市販の風邪薬には妊娠後期の赤ちゃんの心臓へ影響を与える成分や、カフェインなどの添加物のある場合があり、安全性は保障できません。風邪を治す薬というのは実はないのです。どうしても辛いときは、症状を軽減する薬が処方できる場合もありますの…
46
妊娠中、また特に産後はホルモンバランスの変化で抜け毛が増える人がほとんどです。出産前から質の良いシャンプーを使うなどの抜け毛対策を行うことが有効です。頭皮を清潔に保ち、頭皮のマッサージなどを心がけましょう。半年ほどで改善することが…
47
お産の影響で子宮が降りてきたり、最終的には子宮脱といって腟から子宮がでてくることがあります。通常は骨盤底筋体操などをすることで改善することが多いですが、まれに症状がひどくなると手術などの治療が必要となることがあります。産後は骨盤底…
48
更年期障害は千差万別、一人ひとり症状も重症度も異なります閉経(45歳以上で1年間月経がない状態)の平均年齢は、50.5歳ですが、これを挟んだ前後10年間を更年期と呼びます。卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は、20~3…
49
妊娠中はホルモンの影響でおりものの量が増加し、それにより痒みを感じることがあるため、必ずしも異常ではありません。しかし、カンジダ(カッテージチーズのようなボロボロのおりものが特徴)やトリコモナス(泡状のおりものが特徴)といった微生…
50
妊娠中は子宮が前方にある膀胱を圧迫することにより尿失禁を来しやすく、それが破水と区別し難いことがあります。破水であった場合は、抗菌薬投与を要する状況もあり得ますので、まずはかかりつけの病院へ相談して、破水か否かのチェックをしてもら…
177件中 41~50件 表示