厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 31~40件 表示
31
産後はまず自分の体調を整えることから 現在の日本では、経腟分娩(けいちつぶんべん)で元気なお母さんは、出産当日からでも自宅での生活が可能なぐらいになりました。医学的治療が必要な場合以外は、産後のケアは時間が解決する自然の経過です。し…
32
甲状腺の代表的な病気は甲状腺の病気は、女性にとても多い病気です。月経異常や不妊、流産の原因になることも多く、女性にとっては注意したい病気です。甲状腺の病気を大きく分けると、①甲状腺全体がびまん性に腫大してくるバセドウ病と橋本…
33
“うつ”にもさまざまなタイプがあります「うつ」という言葉がかなり浸透してきましたが、ひと口に「うつ」といってもいろいろなタイプがあります。いわゆる「うつ病」は、特に原因やきっかけがはっきりしなくても起こることがあり、治療や自然経過の…
34
確実な避妊法を教えて!女性クリニックWe!TOYAMA種部恭子二重の防御「低用量ピル+コンドーム」がおススメ日本では避妊法としてコンドームを選択する人が多いですが、実は、コンドームをつけているのに妊娠してしまう人が約14%!なんと7組に1組、7…
36
妊娠中の決まった時期に行われる主な検査とその異常をあげていきます。1. 貧血 血液中の赤血球が少なくなることを貧血といいます。妊娠中は、赤血球の増加に比べそれを浮かべる水(血漿といいます)の量がさらに増加するため、薄まったような状態に…
37
心配事が、さらにお腹のトラブルを引き起こします大事な会議や緊張する人との面談など、ストレスのかかるイベントがあるたびに、お腹がグルグルと鳴ったり、トイレの場所を気にすることが多くなったりします。腹痛や便秘、ガスに悩まされている人も…
38
思春期は急激に身長が伸びる時期であり、当然体重も増加していきます。栄養も成長期のため成人より多く必要で、中学女子(12~14歳)の食事摂取基準は2400カロリーとなっています。しかし、実際に摂取されているカロリーはこれを下回っており、世界…
39
発熱があるかどうかをチェックしましょうだるくて疲れがとれないと、症状を訴える女性の悩みは、大変よく聞かれる症状です。まず、発熱があるかどうかを必ず確認します。発熱がある場合と、ない場合では、疑う疾患が異なります。また、体重の変化・…
40
塩酸リトドリンは切迫早産などの場合に子宮の収縮を抑えるために使用する薬です。交感神経に作用するため、心臓がドキドキする感じ(動悸)や手の震えなどの症状が出てくることがありますが、一般的に使用しているうちに徐々に慣れてくることが多い…
200件中 31~40件 表示