アクセスランキング

193件中 31~40件 表示
31
動作開始時、特定の動作時、長時間の立位・歩行などで起こります膝・腰が痛い”という訴えが多いのは、ベッドから起きるとき、立ち上がって歩き始めるときなどの動作開始時、また、正座・階段昇降・中腰などの特定の動作時、長時間の立位・歩行後な…
32
体の症状と心の症状が出ますPMS(PreMenstrualSyndrome)の歴史は、1931年にアメリカのロバートT・フランクが月経前期の症状が多くの女性にあることに注目したことに始まり、1953年にイギリスのダルトンとグリーンがこの疾患名を医学誌に発表し、…
33
20代、30代のこれから妊娠、出産する世代に増えています子宮頸がんは40代の女性に発症のピークがあります。どの年代も1980年ごろから減少してきたのですが、最近、10代後半から20代という若い世代に子宮頸がんの発症率が増加しつつあります。こ…
34
小学校高学年から中学生・高校生にかけて、めまい・立ちくらみ・朝起きられない・腹痛・吐き気・頭痛・腹痛・乗り物酔いなどのさまざまな症状を訴えることがあります。これらの症状は、自律神経の調節が不安定になって起こるもので、起立性調節障害…
35
のぼせ・ほてり・発汗は、更年期障害の代表的な症状です「ホットフラッシュ」とは、上半身ののぼせ、ほてり、発汗などが起こる、更年期障害の代表的な症状です。急に顔が熱くなったり、汗が止まらなくなったりします。「上半身だけ暑くて、のぼせて…
36
女の子の思春期は、乳房発育から始まり、女性ホルモンが徐々に上がっていくことによって、陰毛発育、生理へと進んでいきます。それと同時に女性ホルモンの作用によって、急に身長が伸びたり、骨の成熟が進んだりします。乳房発育の起こる年齢は平均…
37
更年期障害は千差万別、一人ひとり症状も重症度も異なります閉経(45歳以上で1年間月経がない状態)の平均年齢は、50.5歳ですが、これを挟んだ前後10年間を更年期と呼びます。卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は、20~3…
38
GBSとはB群溶血性レンサ球菌の略で、妊婦さんの6-10%が喉や腟の中、外陰部に保有している細菌です。保菌しているといってもお母さんへ病気を引き起こすことはありませんが、分娩の際に赤ちゃんへ感染すると稀に肺炎や髄膜炎、敗血症を来すことが知…
39
不正出血とは?月経以外の性器出血を不正出血といいます。月経であっても、いつもより極端に量の多少がある場合や持続期間が長過ぎたり、短か過ぎたり、また不定期に繰り返される場合なども不正出血と考えてよいでしょう。不正出血は多くの人が誰経…
40
ドライマウス口のネバネバ感、口臭や美味しくないなどもドライマウスの症状としては、口が渇く、舌がヒリヒリする、しゃべりづらい、口の中がネバネバする、食べ物が飲み込みづらい、口臭が気になる、味が美味しくないなどがあります。更年期障害の…
193件中 31~40件 表示