アクセスランキング

185件中 31~40件 表示
31
更年期障害は千差万別、一人ひとり症状も重症度も異なります閉経(45歳以上で1年間月経がない状態)の平均年齢は、50.5歳ですが、これを挟んだ前後10年間を更年期と呼びます。卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は、20~3…
32
女性ホルモンの変動によって女性の心と体はさまざまな影響を受けます女性は思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン状態によって、また、結婚や育児などのライフステージによって男性とは異なった心身の変化をしています。その理由はいくつ…
33
10代20代を中心に増加傾向です性感染症は、クラミジアやヘルペス、コンジローマ、淋菌など、10代~20代を中心に増加傾向にあります。英語ではSexuallyTransmittedInfection、略してSTIと呼びます。Infection「感染していること」をDisease「病気」…
34
心配事が、さらにお腹のトラブルを引き起こします大事な会議や緊張する人との面談など、ストレスのかかるイベントがあるたびに、お腹がグルグルと鳴ったり、トイレの場所を気にすることが多くなったりします。腹痛や便秘、ガスに悩まされている人も…
35
女性特有の不調改善は、漢方医療の得意分野です忙しい毎日を送り、ストレスの多い現代社会を生きている女性たち。自分でも気づかないうちに疲れがたまり、体や心、肌に不調を感じることもあります。さらに女性の体は、毎月の月経周期によって女性ホ…
36
プールや温泉は大勢の人が入る場所であり、腟から子宮内になんらかの病原菌が感染する可能性はゼロではありません。子宮内の感染は流産や早産につながる恐れがあるため、妊娠中は避けたほうがいいです。マタニティースイミングに通う場合も胎動がは…
37
おむつ替えの時などに「膣が見えない」ことに気づかれることがあります。乳幼児健診で指摘されることもあるかも入れません。ほとんどの場合は生まれつきの異常ではなく、おむつなどでかぶれて炎症を起こすことで、小陰唇が癒着してしまうものです。…
38
20代、30代のこれから妊娠、出産する世代に増えています子宮頸がんは40代の女性に発症のピークがあります。どの年代も1980年ごろから減少してきたのですが、最近、10代後半から20代という若い世代に子宮頸がんの発症率が増加しつつあります。こ…
39
さまざまな複数の要因が関係しています卵巣にできるがんで、卵巣腫瘍のうちで、悪性のものを卵巣がんと言います。一般的には、40代から増加して、50代から60代がピークです。原因は不明ですが、排卵時に卵巣が傷つき、その傷からがん化すると考えら…
40
妊娠前からの葉酸の摂取は赤ちゃんの神経管閉鎖障害という病気のリスクを下げることが知られています。妊娠中の摂取も早産などの合併症を低減する可能性があります。しかし、過剰摂取は赤ちゃんの喘息や呼吸器感染症のリスクを上げる可能性があり、…
185件中 31~40件 表示