アクセスランキング

191件中 31~40件 表示
31
パーマやカラーリングには特に制限はありません。妊娠中の染髪剤が赤ちゃんに悪影響を及ぼすとする明確なデータはありませんが、一方で安全性も確立されておりません。また妊婦さんは皮膚が過敏になっているので、これまで大丈夫であったものでも注…
32
ドライマウス口のネバネバ感、口臭や美味しくないなどもドライマウスの症状としては、口が渇く、舌がヒリヒリする、しゃべりづらい、口の中がネバネバする、食べ物が飲み込みづらい、口臭が気になる、味が美味しくないなどがあります。更年期障害の…
33
生肉(火を十分に通していない肉)、生ハム、サラミ、加熱していないチーズなどは胎児に異常を起こす感染症の原因となる微生物が含まれていることがあるので、妊娠中は食べないほうが無難です。生卵、生の魚介類にも食中毒や流早産の原因となる細菌…
34
女の子の思春期は、乳房発育から始まり、女性ホルモンが徐々に上がっていくことによって、陰毛発育、生理へと進んでいきます。それと同時に女性ホルモンの作用によって、急に身長が伸びたり、骨の成熟が進んだりします。乳房発育の起こる年齢は平均…
35
のぼせ・ほてり・発汗は、更年期障害の代表的な症状です「ホットフラッシュ」とは、上半身ののぼせ、ほてり、発汗などが起こる、更年期障害の代表的な症状です。急に顔が熱くなったり、汗が止まらなくなったりします。「上半身だけ暑くて、のぼせて…
36
さまざまな複数の要因が関係しています卵巣にできるがんで、卵巣腫瘍のうちで、悪性のものを卵巣がんと言います。一般的には、40代から増加して、50代から60代がピークです。原因は不明ですが、排卵時に卵巣が傷つき、その傷からがん化すると考えら…
37
原因は精神的な問題と身体的、物理的問題が考えられます性交障害には、精神的な問題が原因になる場合と身体的、物理的なことが原因になる場合があります。前者は年齢を問わず、セックスに対する不安感や嫌悪感がもとになって起きるもので、実際レイ…
38
妊娠以前よりカフェインを含む飲料を楽しんでこられた方は多いと思います。妊娠中は常識の範囲内であれば制限する必要はありませんので、1日数杯程度なら問題ありません。カフェインはコーヒーの他、紅茶、日本茶、ウーロン茶にも含まれていますの…
39
プールや温泉は大勢の人が入る場所であり、腟から子宮内になんらかの病原菌が感染する可能性はゼロではありません。子宮内の感染は流産や早産につながる恐れがあるため、妊娠中は避けたほうがいいです。マタニティースイミングに通う場合も胎動がは…
40
女性ホルモンの変動によって女性の心と体はさまざまな影響を受けます女性は思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン状態によって、また、結婚や育児などのライフステージによって男性とは異なった心身の変化をしています。その理由はいくつ…
191件中 31~40件 表示