厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 31~40件 表示
32
産後はまず自分の体調を整えることから 現在の日本では、経腟分娩(けいちつぶんべん)で元気なお母さんは、出産当日からでも自宅での生活が可能なぐらいになりました。医学的治療が必要な場合以外は、産後のケアは時間が解決する自然の経過です。し…
34
体の症状と心の症状が出ますPMS(PreMenstrualSyndrome)の歴史は、1931年にアメリカのロバートT・フランクが月経前期の症状が多くの女性にあることに注目したことに始まり、1953年にイギリスのダルトンとグリーンがこの疾患名を医学誌に発表し、…
35
“うつ”にもさまざまなタイプがあります「うつ」という言葉がかなり浸透してきましたが、ひと口に「うつ」といってもいろいろなタイプがあります。いわゆる「うつ病」は、特に原因やきっかけがはっきりしなくても起こることがあり、治療や自然経過の…
36
思春期は急激に身長が伸びる時期であり、当然体重も増加していきます。栄養も成長期のため成人より多く必要で、中学女子(12~14歳)の食事摂取基準は2400カロリーとなっています。しかし、実際に摂取されているカロリーはこれを下回っており、世界…
37
塩酸リトドリンは切迫早産などの場合に子宮の収縮を抑えるために使用する薬です。交感神経に作用するため、心臓がドキドキする感じ(動悸)や手の震えなどの症状が出てくることがありますが、一般的に使用しているうちに徐々に慣れてくることが多い…
38
月経周期は25日~38日であれば正常です月経が始まった日を1日目と数えて、次の月経が開始する前の日までを月経周期と定義します。月経には個人差がありますが、周期は25日~38日であれば正常です。周期が39日以上と長いときは稀発月経、24日以内と…
39
どのような病気でしょうか?子宮筋腫は、子宮筋層に発生する良性の腫瘍で、女性ホルモンの影響を受けて発育(大きくなる)します。女性ホルモンが分泌している20代~40代に発生・発育し、閉経後には縮小します。筋腫が発生する部位によって、症状は…
40
のぼせ・ほてり・発汗は、更年期障害の代表的な症状です「ホットフラッシュ」とは、上半身ののぼせ、ほてり、発汗などが起こる、更年期障害の代表的な症状です。急に顔が熱くなったり、汗が止まらなくなったりします。「上半身だけ暑くて、のぼせて…
200件中 31~40件 表示