アクセスランキング

180件中 21~30件 表示
21
一般的には妊娠12週(妊娠4ヶ月)くらいを安定期ということが多いかと思いますが、医学的には妊娠中に安定期はありません。切迫流早産や、お腹の赤ちゃんの状態が悪くなる可能性はどのお母さんにも起こり得ることです。そのため妊娠中の遠出、旅行…
22
妊娠中の飛行機の移動や旅行自体が赤ちゃんに異常を引き起こすということはありませが、相応のリスクが伴います。地域によっては赤ちゃんに影響する感染症にかかる可能性や旅先でのトラブルに適切な治療ができない可能性があります。妊娠中はお産に…
23
歯周病は流早産のリスクを上げることが分かっています。歯科治療自体が赤ちゃんに影響を与えることはありませんが、妊娠時の歯科治療には実施が可能な時期、種類、方法などがあります。妊娠初期は薬の赤ちゃんへの影響が懸念されるため緊急性の高い…
24
妊娠前からの葉酸の摂取は赤ちゃんの神経管閉鎖障害という病気のリスクを下げることが知られています。妊娠中の摂取も早産などの合併症を低減する可能性があります。しかし、過剰摂取は赤ちゃんの喘息や呼吸器感染症のリスクを上げる可能性があり、…
25
妊娠中の乳房マッサージは、分娩後の乳汁分泌をスムースにする効果が期待できます。その一方で、乳頭への刺激は子宮収縮を促進する作用も有るため、妊娠週数が37週に達していない時期でおなかが頻繁に張っているような場合は、切迫早産の症状を悪化…
26
子どもを産み育てる世代の女性の5~10%は子宮内膜症とも!子宮内膜症は、本来、子宮の内側(内腔)にある子宮内膜が違う場所に発生してしまうことで、月経痛をはじめとする疼痛と不妊がおもな症状です。腹膜、卵巣の深部、あるいは臓器の癒着など…
27
女性ホルモンの変動によって女性の心と体はさまざまな影響を受けます女性は思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン状態によって、また、結婚や育児などのライフステージによって男性とは異なった心身の変化をしています。その理由はいくつ…
28
妊娠中に自転車に乗ることは控えてください。産後に関しては特に制限はありませんが、きずが治った後の産後1か月くらいからが無難でしょう。
29
脂質異常症血液中の脂質として検査されているものは、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪の4つです。LDLコレステロールが高い、HDLコレステロールが低い、中性脂肪が高い、のいずれか一つでもあれば、脂質異常症と…
30
適度の運動であれば、気分転換、肥満の予防などの効果があり、ほとんどの妊婦には体によいとされています。妊娠中の運動は、つわりが終わって体調が良ければ、妊娠12週(4カ月)以降からが一般的に良いとされ、お産に近い時期まで続けることができ…
180件中 21~30件 表示