アクセスランキング

185件中 21~30件 表示
21
どうして肩や首がこるのでしょうか?女性は、女性ホルモンの影響を受けやすいことから、不調が多く起こりやすい存在です。これにストレスが加わることで、肩こり、冷え、気分の落ち込み、イライラなど肉体的、精神的にも不安定になり、さまざまな不…
22
長寿になったが健康寿命は長くない日本女性飛躍的な長寿化が現代女性の健康の特徴となりました。第二次大戦後にようやく50歳を超えた女性の平均寿命は、その後の高度経済成長によってもたらされた栄養と衛生の改善、感染症の減少、医療の発達などに…
23
初交の年齢は10代でも子供を産むのは30代が多くなっています現代女性は、「結婚する前の女性はセックスしてはいけない」と教育された時代と異なり、好きな人ができたら、あるいは誘われたら、性交する人が多くなっています。そのため、はじめてセッ…
24
婦人科を受診するタイミングは?月経痛(生理痛)は、子宮内で月経血を押し出そうとするホルモン(プロスタグランジン)の働きによるものです。このメカニズムは、陣痛とほとんど同じなので、多少の痛みは生理的な現象です。しかし、月経痛によって…
25
脂質異常症血液中の脂質として検査されているものは、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪の4つです。LDLコレステロールが高い、HDLコレステロールが低い、中性脂肪が高い、のいずれか一つでもあれば、脂質異常症と…
26
生肉(火を十分に通していない肉)、生ハム、サラミ、加熱していないチーズなどは胎児に異常を起こす感染症の原因となる微生物が含まれていることがあるので、妊娠中は食べないほうが無難です。生卵、生の魚介類にも食中毒や流早産の原因となる細菌…
27
どのような症状が多いですか?乳腺科の外来で、「乳腺症と言われました」「乳房が痛いです」とのご相談が最も多いです。比較的、若い年齢の患者さんは、月経周期に関連して、排卵後から月経までの時期に痛みが出たり、乳房全体に凹凸のあるコリコリ…
28
パーマやカラーリングには特に制限はありません。妊娠中の染髪剤が赤ちゃんに悪影響を及ぼすとする明確なデータはありませんが、一方で安全性も確立されておりません。また妊婦さんは皮膚が過敏になっているので、これまで大丈夫であったものでも注…
29
骨盤臓器脱尿もれ、尿失禁慢性骨盤部痛症候群骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱脱・直腸脱)筋肉や靭帯が緩むことで子宮や膀胱が外に飛び出す!骨盤内にある子宮や膀胱、直腸は、筋肉や靭帯などの支持組織に支えられて位置を保っています。これらの支持組織…
30
妊娠以前よりカフェインを含む飲料を楽しんでこられた方は多いと思います。妊娠中は常識の範囲内であれば制限する必要はありませんので、1日数杯程度なら問題ありません。カフェインはコーヒーの他、紅茶、日本茶、ウーロン茶にも含まれていますの…
185件中 21~30件 表示