アクセスランキング

188件中 21~30件 表示
21
子どもを産み育てる世代の女性の5~10%は子宮内膜症とも!子宮内膜症は、本来、子宮の内側(内腔)にある子宮内膜が違う場所に発生してしまうことで、月経痛をはじめとする疼痛と不妊がおもな症状です。腹膜、卵巣の深部、あるいは臓器の癒着など…
22
どのような病気でしょうか?子宮筋腫は、子宮筋層に発生する良性の腫瘍で、女性ホルモンの影響を受けて発育(大きくなる)します。女性ホルモンが分泌している20代~40代に発生・発育し、閉経後には縮小します。筋腫が発生する部位によって、症状は…
23
生肉(火を十分に通していない肉)、生ハム、サラミ、加熱していないチーズなどは胎児に異常を起こす感染症の原因となる微生物が含まれていることがあるので、妊娠中は食べないほうが無難です。生卵、生の魚介類にも食中毒や流早産の原因となる細菌…
24
初交の年齢は10代でも子供を産むのは30代が多くなっています現代女性は、「結婚する前の女性はセックスしてはいけない」と教育された時代と異なり、好きな人ができたら、あるいは誘われたら、性交する人が多くなっています。そのため、はじめてセッ…
25
パーマやカラーリングには特に制限はありません。妊娠中の染髪剤が赤ちゃんに悪影響を及ぼすとする明確なデータはありませんが、一方で安全性も確立されておりません。また妊婦さんは皮膚が過敏になっているので、これまで大丈夫であったものでも注…
26
妊娠以前よりカフェインを含む飲料を楽しんでこられた方は多いと思います。妊娠中は常識の範囲内であれば制限する必要はありませんので、1日数杯程度なら問題ありません。カフェインはコーヒーの他、紅茶、日本茶、ウーロン茶にも含まれていますの…
27
プールや温泉は大勢の人が入る場所であり、腟から子宮内になんらかの病原菌が感染する可能性はゼロではありません。子宮内の感染は流産や早産につながる恐れがあるため、妊娠中は避けたほうがいいです。マタニティースイミングに通う場合も胎動がは…
28
一般的には妊娠12週(妊娠4ヶ月)くらいを安定期ということが多いかと思いますが、医学的には妊娠中に安定期はありません。切迫流早産や、お腹の赤ちゃんの状態が悪くなる可能性はどのお母さんにも起こり得ることです。そのため妊娠中の遠出、旅行…
29
女性ホルモンの変動によって女性の心と体はさまざまな影響を受けます女性は思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン状態によって、また、結婚や育児などのライフステージによって男性とは異なった心身の変化をしています。その理由はいくつ…
30
動作開始時、特定の動作時、長時間の立位・歩行などで起こります膝・腰が痛い”という訴えが多いのは、ベッドから起きるとき、立ち上がって歩き始めるときなどの動作開始時、また、正座・階段昇降・中腰などの特定の動作時、長時間の立位・歩行後な…
188件中 21~30件 表示