アクセスランキング

182件中 21~30件 表示
21
体の症状と心の症状が出ますPMS(PreMenstrualSyndrome)の歴史は、1931年にアメリカのロバートT・フランクが月経前期の症状が多くの女性にあることに注目したことに始まり、1953年にイギリスのダルトンとグリーンがこの疾患名を医学誌に発表し、…
22
一般的には妊娠12週(妊娠4ヶ月)くらいを安定期ということが多いかと思いますが、医学的には妊娠中に安定期はありません。切迫流早産や、お腹の赤ちゃんの状態が悪くなる可能性はどのお母さんにも起こり得ることです。そのため妊娠中の遠出、旅行…
23
脂質異常症血液中の脂質として検査されているものは、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪の4つです。LDLコレステロールが高い、HDLコレステロールが低い、中性脂肪が高い、のいずれか一つでもあれば、脂質異常症と…
24
適度の運動であれば、気分転換、肥満の予防などの効果があり、ほとんどの妊婦には体によいとされています。妊娠中の運動は、つわりが終わって体調が良ければ、妊娠12週(4カ月)以降からが一般的に良いとされ、お産に近い時期まで続けることができ…
25
妊娠前からの葉酸の摂取は赤ちゃんの神経管閉鎖障害という病気のリスクを下げることが知られています。妊娠中の摂取も早産などの合併症を低減する可能性があります。しかし、過剰摂取は赤ちゃんの喘息や呼吸器感染症のリスクを上げる可能性があり、…
26
どのような病気でしょうか?子宮筋腫は、子宮筋層に発生する良性の腫瘍で、女性ホルモンの影響を受けて発育(大きくなる)します。女性ホルモンが分泌している20代~40代に発生・発育し、閉経後には縮小します。筋腫が発生する部位によって、症状は…
27
ハイヒールを履くこと自体が赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。しかし腰痛の原因となったり、転倒しやすくなるため、結果的にお腹の赤ちゃんにとって望ましくありません。妊娠中はなるべくフラットシューズでオシャレを楽しむようにしまし…
28
妊娠中に自転車に乗ることは控えてください。産後に関しては特に制限はありませんが、きずが治った後の産後1か月くらいからが無難でしょう。
29
初交の年齢は10代でも子供を産むのは30代が多くなっています現代女性は、「結婚する前の女性はセックスしてはいけない」と教育された時代と異なり、好きな人ができたら、あるいは誘われたら、性交する人が多くなっています。そのため、はじめてセッ…
30
妊娠中の飛行機の移動や旅行自体が赤ちゃんに異常を引き起こすということはありませが、相応のリスクが伴います。地域によっては赤ちゃんに影響する感染症にかかる可能性や旅先でのトラブルに適切な治療ができない可能性があります。妊娠中はお産に…
182件中 21~30件 表示