アクセスランキング

177件中 21~30件 表示
21
妊娠中に自転車に乗ることは控えてください。産後に関しては特に制限はありませんが、きずが治った後の産後1か月くらいからが無難でしょう。
22
ハイヒールを履くこと自体が赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。しかし腰痛の原因となったり、転倒しやすくなるため、結果的にお腹の赤ちゃんにとって望ましくありません。妊娠中はなるべくフラットシューズでオシャレを楽しむようにしまし…
23
女性ホルモンの変動によって女性の心と体はさまざまな影響を受けます女性は思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン状態によって、また、結婚や育児などのライフステージによって男性とは異なった心身の変化をしています。その理由はいくつ…
24
適度の運動であれば、気分転換、肥満の予防などの効果があり、ほとんどの妊婦には体によいとされています。妊娠中の運動は、つわりが終わって体調が良ければ、妊娠12週(4カ月)以降からが一般的に良いとされ、お産に近い時期まで続けることができ…
25
妊娠中のレーザー脱毛は止めてください。また、妊娠中は肌が敏感になることが多いので、陰部周囲のカミソリなどでの除毛も避けたほうが無難です。除毛クリームも赤ちゃんへの悪影響が完全には否定できないので使用しないようにしましょう。カミソリ…
26
歯周病は流早産のリスクを上げることが分かっています。歯科治療自体が赤ちゃんに影響を与えることはありませんが、妊娠時の歯科治療には実施が可能な時期、種類、方法などがあります。妊娠初期は薬の赤ちゃんへの影響が懸念されるため緊急性の高い…
27
妊婦さんはホルモンバランスの急激な変化や、頻尿・こむら返り・胎動などが原因となって不眠に悩まされることが少なくありません。その場合は、生活リズムを整えて、日中の昼寝をできるだけ我慢したり、就寝前にパソコンや携帯の操作を控える、音楽…
28
初交の年齢は10代でも子供を産むのは30代が多くなっています現代女性は、「結婚する前の女性はセックスしてはいけない」と教育された時代と異なり、好きな人ができたら、あるいは誘われたら、性交する人が多くなっています。そのため、はじめてセッ…
29
妊娠中でもシートベルトを正しく着用することで、お母さんと赤ちゃんへの傷害を軽減することができます。正しい装着法とはお腹を圧迫しないよう「斜めベルトは両乳房の間を通し、腰ベルトは恥骨上に置き、いずれのベルトも妊娠子宮を横切らない」方…
30
里帰り先の病院によって異なりますが、妊娠30~34週が目安になります。後半の妊婦健診を分娩先の病院で受けることになりますので、確認の上余裕をもって帰省しておくようにしましょう。また、里帰り先の病院では分娩予約に制限を設けていたり、妊娠…
177件中 21~30件 表示