アクセスランキング

177件中 11~20件 表示
11
生肉(火を十分に通していない肉)、生ハム、サラミ、加熱していないチーズなどは胎児に異常を起こす感染症の原因となる微生物が含まれていることがあるので、妊娠中は食べないほうが無難です。生卵、生の魚介類にも食中毒や流早産の原因となる細菌…
12
長寿になったが健康寿命は長くない日本女性飛躍的な長寿化が現代女性の健康の特徴となりました。第二次大戦後にようやく50歳を超えた女性の平均寿命は、その後の高度経済成長によってもたらされた栄養と衛生の改善、感染症の減少、医療の発達などに…
13
妊娠以前よりカフェインを含む飲料を楽しんでこられた方は多いと思います。妊娠中は常識の範囲内であれば制限する必要はありませんので、1日数杯程度なら問題ありません。カフェインはコーヒーの他、紅茶、日本茶、ウーロン茶にも含まれていますの…
14
膠原病の最初に起こる症状は膠原病は、リウマチ性疾患に分類されている病気です。そのため、関節痛が共通に起こる症状です。全身性エリテマトーデス(SLE)は、関節炎があちこちに移動する病気であるのに対して、関節リウマチ(RA)では、関節…
15
プールや温泉は大勢の人が入る場所であり、腟から子宮内になんらかの病原菌が感染する可能性はゼロではありません。子宮内の感染は流産や早産につながる恐れがあるため、妊娠中は避けたほうがいいです。マタニティースイミングに通う場合も胎動がは…
16
一般的には妊娠12週(妊娠4ヶ月)くらいを安定期ということが多いかと思いますが、医学的には妊娠中に安定期はありません。切迫流早産や、お腹の赤ちゃんの状態が悪くなる可能性はどのお母さんにも起こり得ることです。そのため妊娠中の遠出、旅行…
17
ここでは、婦人科検診、乳がん検診以外の成熟世代の女性に意識してほしい検査、検診項目をご紹介します。高血圧若い女性で、日常的に血圧測定をしている人は、決して多くないでしょう。しかし、血縁者に高血圧の人がいる、肥満気味である、塩分摂取…
18
妊娠前からの葉酸の摂取は赤ちゃんの神経管閉鎖障害という病気のリスクを下げることが知られています。妊娠中の摂取も早産などの合併症を低減する可能性があります。しかし、過剰摂取は赤ちゃんの喘息や呼吸器感染症のリスクを上げる可能性があり、…
19
妊娠中の飛行機の移動や旅行自体が赤ちゃんに異常を引き起こすということはありませが、相応のリスクが伴います。地域によっては赤ちゃんに影響する感染症にかかる可能性や旅先でのトラブルに適切な治療ができない可能性があります。妊娠中はお産に…
20
妊娠中の乳房マッサージは、分娩後の乳汁分泌をスムースにする効果が期待できます。その一方で、乳頭への刺激は子宮収縮を促進する作用も有るため、妊娠週数が37週に達していない時期でおなかが頻繁に張っているような場合は、切迫早産の症状を悪化…
177件中 11~20件 表示