厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 11~20件 表示
12
上腹部の痛みから原因をチェックします□生ものや貝類を食べた⇒「食中毒」魚介類や、きのこ類、野草類などで起こりやすく、数分~数時間のうちに胃けいれんや吐き気が起こります。命にかかわることもあるため、必ず病院へ行きましょう。⇒内科・消化…
14
脂質異常症血液中の脂質として検査されているものは、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪の4つです。LDLコレステロールが高い、HDLコレステロールが低い、中性脂肪が高い、のいずれか一つでもあれば、脂質異常症と…
15
痛みは、関節か筋肉かを見極めて「あちこちが痛む」場合のあちこちとは、関節か、筋肉かを確かめる必要があります。関節があちこち痛む場合は、多発関節痛です。この場合は、膠原病、ないしは変形性関節症(OA)を考えなくてはなりません。膠原病は、…
17
安全なお産を応援するのが助産師と産科医の役目です お産に際して、妊婦さんのお手伝いや陣痛をやわらげるように協力するのが、助産師さんです。分娩中に母体に異常が生じた場合や、胎児に元気がなくなった場合など、なんらかの処置が必要になりま…
18
小学校高学年から中学生・高校生にかけて、めまい・立ちくらみ・朝起きられない・腹痛・吐き気・頭痛・腹痛・乗り物酔いなどのさまざまな症状を訴えることがあります。これらの症状は、自律神経の調節が不安定になって起こるもので、起立性調節障害…
19
ここでは、婦人科検診、乳がん検診以外の成熟世代の女性に意識してほしい検査、検診項目をご紹介します。高血圧若い女性で、日常的に血圧測定をしている人は、決して多くないでしょう。しかし、血縁者に高血圧の人がいる、肥満気味である、塩分摂取…
20
体の症状と心の症状が出ますPMS(PreMenstrualSyndrome)の歴史は、1931年にアメリカのロバートT・フランクが月経前期の症状が多くの女性にあることに注目したことに始まり、1953年にイギリスのダルトンとグリーンがこの疾患名を医学誌に発表し、…
200件中 11~20件 表示