厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 131~140件 表示
131
妊娠中に自転車に乗ることは控えてください。産後に関しては特に制限はありませんが、きずが治った後の産後1か月くらいからが無難でしょう。
132
お産の影響で子宮が降りてきたり、最終的には子宮脱といって腟から子宮がでてくることがあります。通常は骨盤底筋体操などをすることで改善することが多いですが、まれに症状がひどくなると手術などの治療が必要となることがあります。産後は骨盤底…
133
ダイエットや下剤の乱用も悪化要因のひとつですお尻の不調は、人に相談しにくく、ひとりで悩みを抱えている人が大勢います。ひと言で「痔」といってもさまざまな疾患が含まれ、特に女性は便秘や妊娠、出産を機に悪くなるなど、快適な生活から程遠い…
134
ママ・プレママレシピ! ほうれん草入り米粉蒸しパン レシピ画像 ママ・プレママレシピ 効能 授乳中 カロリー 1人分133Kcal 授乳中の栄養補給に油を使わず米粉で作った蒸しパンはぴったり! 材料 2人分 (マフィン型4個分) ほうれん草 50g 豆…
135
妊娠中でもシートベルトを正しく着用することで、お母さんと赤ちゃんへの傷害を軽減することができます。正しい装着法とはお腹を圧迫しないよう「斜めベルトは両乳房の間を通し、腰ベルトは恥骨上に置き、いずれのベルトも妊娠子宮を横切らない」方…
136
ペットの飼育自体は問題ありませんが、動物から人へ感染することのある人畜共通感染症、なかでもトキソプラズマ症への注意は必要です。トキソプラズマ症はネコの糞尿や、ブタ・ウシ・ヒツジなどの生肉を接種することで感染すると考えられています。…
137
妊娠すると体内のホルモンバランスが変化します。それにより胃腸の動きが鈍くなります。さらに週数が進むと大きくなった子宮に腸が押され、動きが制限されるため便秘になりやすくなっています。十分な水分を摂り、繊維質の多い野菜などの食品を多め…
138
外出するときはマスクやめがねを使用して花粉の侵入をできるだけ防ぎましょう。薬に関しては、安全性が不明なものもあるので、使用する前に耳鼻咽喉科や産婦人科で相談してみてください。また、『妊娠と薬情報センター』(http://www.ncchd.go.jp/k…
139
予防接種に用いられるワクチンは、生ワクチンと不活化ワクチンの2種類があります。生ワクチンには風疹ワクチンなどが含まれますが、ワクチンウイルスが赤ちゃんに移行する危険性があるため、一般的に妊娠中には接種できません。一方で、不活化ワク…
140
疲れに効くレシピ! 人参しりしり レシピ画像 疲れに効くレシピ 効能 眼精疲労 カロリー 1人分104Kcal 人参に含まれるβカロテンが目を丈夫にします。また、卵はビタミンやアミノ酸をバランスよく含み、眼精疲労回復に効果的です。 材料 2人分 ニン…
200件中 131~140件 表示