厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 121~130件 表示
121
歯周病は流早産のリスクを上げることが分かっています。歯科治療自体が赤ちゃんに影響を与えることはありませんが、妊娠時の歯科治療には実施が可能な時期、種類、方法などがあります。妊娠初期は薬の赤ちゃんへの影響が懸念されるため緊急性の高い…
122
妊娠前からの葉酸の摂取は赤ちゃんの神経管閉鎖障害という病気のリスクを下げることが知られています。妊娠中の摂取も早産などの合併症を低減する可能性があります。しかし、過剰摂取は赤ちゃんの喘息や呼吸器感染症のリスクを上げる可能性があり、…
123
不妊の原因は、男女ほぼ同数です 正常な性機能を有するカップルは、避妊しなければ1年間でその80%、2年間で90%が妊娠します。このことから、2年間以上、妊娠の兆しがないカップルは、不妊症と診断されます。不妊の原因は、女性側30%、男性側30%…
124
妊娠中の乳房マッサージは、分娩後の乳汁分泌をスムースにする効果が期待できます。その一方で、乳頭への刺激は子宮収縮を促進する作用も有るため、妊娠週数が37週に達していない時期でおなかが頻繁に張っているような場合は、切迫早産の症状を悪化…
125
個人差が大きいですが、授乳をしていないと産後半年くらいから再開することがおおむね多いです。授乳をしている場合は1年以上生理がこないことも珍しくありません。生理が来なくても排卵をしている可能性があるので、次のお子さんをまだ考えていな…
126
ママ・プレママレシピ効能妊娠中カロリー1人分100Kcal妊娠中に摂取したい栄養素「葉酸」やビタミンミネラルを豊富に含むブロッコリーをたっぷり食べられるスープです。材料2人分ブロッコリー1/2株玉ねぎ1/4個オリーブオイル小さじ1コンソメスープ15…
127
ハイヒールを履くこと自体が赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。しかし腰痛の原因となったり、転倒しやすくなるため、結果的にお腹の赤ちゃんにとって望ましくありません。妊娠中はなるべくフラットシューズでオシャレを楽しむようにしまし…
128
妊娠中は子宮が前方にある膀胱を圧迫することにより尿失禁を来しやすく、それが破水と区別し難いことがあります。破水であった場合は、抗菌薬投与を要する状況もあり得ますので、まずはかかりつけの病院へ相談して、破水か否かのチェックをしてもら…
129
女性の健康問題は妊娠・出産や婦人科系の疾患だけではありません女性は、そのホルモンステージによって、また、ライフステージによって、さまざまな健康問題を抱えます。もちろん、男性と同様の健康問題や病気もありますが、女性ならではの健康問題…
130
妊娠中、子宮の増大により膀胱が圧迫されて尿漏れが起こることはあります。少量の場合はパットなどで対応して問題ありません。産後の尿漏れは、お産によって骨盤底筋群という骨盤を支える筋肉がゆるむことで尿漏れが起こりやすくなります。骨盤底筋…
200件中 121~130件 表示