厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 121~130件 表示
121
ママ・プレママレシピ! ほうれん草入り米粉蒸しパン レシピ画像 ママ・プレママレシピ 効能 授乳中 カロリー 1人分133Kcal 授乳中の栄養補給に油を使わず米粉で作った蒸しパンはぴったり! 材料 2人分 (マフィン型4個分) ほうれん草 50g 豆…
122
妊娠中の飛行機の移動や旅行自体が赤ちゃんに異常を引き起こすということはありませが、相応のリスクが伴います。地域によっては赤ちゃんに影響する感染症にかかる可能性や旅先でのトラブルに適切な治療ができない可能性があります。妊娠中はお産に…
123
妊娠中のレーザー脱毛は止めてください。また、妊娠中は肌が敏感になることが多いので、陰部周囲のカミソリなどでの除毛も避けたほうが無難です。除毛クリームも赤ちゃんへの悪影響が完全には否定できないので使用しないようにしましょう。カミソリ…
124
妊娠中でもシートベルトを正しく着用することで、お母さんと赤ちゃんへの傷害を軽減することができます。正しい装着法とはお腹を圧迫しないよう「斜めベルトは両乳房の間を通し、腰ベルトは恥骨上に置き、いずれのベルトも妊娠子宮を横切らない」方…
125
産後の性生活開始に指針はありませんが、産後1か月くらいの産道が治りその確認の診察が終わるまでは控えるようにしましょう。それ以降は問題ありませんが、生理が再開する前にも予期せぬ排卵をしている可能性があるため、次のお子さんをまだ考えて…
126
女性は生理的にイライラしやすくできていますある程度のイライラは、日常生活上、誰にでも認められる感情です。特に女性は、月経周期や妊娠・出産、更年期の影響で、これらの感情が男性より起こりやすい特徴があります。また、女性は男性より生物学…
127
妊娠中、子宮の増大により膀胱が圧迫されて尿漏れが起こることはあります。少量の場合はパットなどで対応して問題ありません。産後の尿漏れは、お産によって骨盤底筋群という骨盤を支える筋肉がゆるむことで尿漏れが起こりやすくなります。骨盤底筋…
128
喫煙はもちろん、受動喫煙の有害性も高いのです喫煙は長い歴史の中で作られた習慣ですが、WHOによれば、喫煙関連疾患の死亡者数は、現在年間約500万人、2030年には1000万人に上ると推定され、タバコ規制枠組み条約(FCTC、2005年2月発効)など、…
129
ヘリコバクターピロリ菌の感染は、若年層では近年、低下傾向です胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、なんらかの原因でがん細胞になって増殖を繰り返すことで生じます。胃がん検診で見つけられる大きさになるまでには、何年もかかると…
130
妊娠すると体内のホルモンバランスが変化します。それにより胃腸の動きが鈍くなります。さらに週数が進むと大きくなった子宮に腸が押され、動きが制限されるため便秘になりやすくなっています。十分な水分を摂り、繊維質の多い野菜などの食品を多め…
200件中 121~130件 表示