厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 111~120件 表示
111
ヘリコバクターピロリ菌の感染は、若年層では近年、低下傾向です胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、なんらかの原因でがん細胞になって増殖を繰り返すことで生じます。胃がん検診で見つけられる大きさになるまでには、何年もかかると…
112
肌荒れの原因はなんでしょうか?肌荒れを大別すると、①化粧品が合っていない、②皮膚が弱っている、この二つが大きな原因です。①では、使用した部位は、顔も体も同じ症状が出現することが多いのに対して、②では、いつもの化…
113
東京大学大学院医学系研究科産科婦人科学講座川名敬KeiKawana1.女性にとって重要なワクチン接種21世紀は「予防医学」の時代と言われています。ワクチン接種によって予防しうる疾患があります。予防接種は、性差なく年齢を問わず不可欠な知識であ…
114
妊娠以前よりカフェインを含む飲料を楽しんでこられた方は多いと思います。妊娠中は常識の範囲内であれば制限する必要はありませんので、1日数杯程度なら問題ありません。カフェインはコーヒーの他、紅茶、日本茶、ウーロン茶にも含まれていますの…
115
低用量ピルのメリット10代から40代の多くの女性にとって、低用量ピル(OC)はメリットがある薬です。低用量ピルが避妊薬として1999年に認可されてましたが、その服用率は対象年齢の女性においてまだ低い状況です。日本で低用量ピルが普及しない理…
116
スポーツに参加する女性のコンディションに影響を与える婦人科の問題として、月経困難症(月経痛)、月経前症候群、ホルモンの変動によるコンディションの変化が挙げられます。これらの婦人科の問題への対策は、コンディショニングやパフォーマンス…
117
パニック症 これって珍しい病気? パニック症(以前はパニック障害と言われていました)は、100人におよそ1人はかかる比較的ありふれた病気です。20~30代に起こり始めることが多く、女性の方が男性より2~3倍起こりやすいと言われています。 パニ…
118
市販の風邪薬には妊娠後期の赤ちゃんの心臓へ影響を与える成分や、カフェインなどの添加物のある場合があり、安全性は保障できません。風邪を治す薬というのは実はないのです。どうしても辛いときは、症状を軽減する薬が処方できる場合もありますの…
119
適度の運動であれば、気分転換、肥満の予防などの効果があり、ほとんどの妊婦には体によいとされています。妊娠中の運動は、つわりが終わって体調が良ければ、妊娠12週(4カ月)以降からが一般的に良いとされ、お産に近い時期まで続けることができ…
120
妊娠糖尿病とは妊娠中に発見または発症した高血糖のことです。妊娠すると胎盤などの影響で妊娠前よりも血糖が上がりやすくなり、一定の基準を超えると妊娠糖尿病と診断されます。妊娠中にお母さん(母体)が高血糖になることで、母児に合併症をもた…
200件中 111~120件 表示