厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修

アクセスランキング

200件中 101~110件 表示
101
パーマやカラーリングには特に制限はありません。妊娠中の染髪剤が赤ちゃんに悪影響を及ぼすとする明確なデータはありませんが、一方で安全性も確立されておりません。また妊婦さんは皮膚が過敏になっているので、これまで大丈夫であったものでも注…
102
里帰り先の病院によって異なりますが、妊娠30~34週が目安になります。後半の妊婦健診を分娩先の病院で受けることになりますので、確認の上余裕をもって帰省しておくようにしましょう。また、里帰り先の病院では分娩予約に制限を設けていたり、妊娠…
103
どんな症状?どんな病気?アメリカ人女性の25%が性暴力の被害に遭っているという報告があります。日本においても、総理府統計「男女間における暴力に関する調査(1999年)」によると、意に反して性的な行為を強要されることが『何度もあった…
104
不安障害とは 「不安障害」というのは、精神的な症状が出る疾患の中で、不安を主症状とする疾患群をまとめた名称です。その中には、特徴的な不安症状が出るものや、原因が過去の体験記憶によるもの、体の病気や物質によるものなど、様々なものが含…
105
甲状腺は、のどぼとけの下に存在する蝶々形をした組織です。甲状腺の働きは甲状腺ホルモンを産生することです。甲状腺ホルモンは新陳代謝を活発にするホルモンですが、妊娠の維持、子どもの成長にも重要なホルモンです。バセドウ病 TSH受容体抗…
106
これまでの女性医療は臓器別で均一化された診療でしたこれまで述べたように、女性は月経周期や、思春期、成熟期、更年期、老年期と、そのホルモン変動によって大きく心身の状態が揺さぶられるほか、結婚や育児などのライフイベントによっても、生活…
107
日本の検診受診率は先進国の中で最低ですマンモグラフィによる乳がん検診によって、乳がん死亡率を減らすことが科学的に証明されています。多くの先進国では、マンモグラフィによる乳がん検診が推奨されていて、アメリカでは40歳から64歳の女性の50…
108
妊娠中のレーザー脱毛は止めてください。また、妊娠中は肌が敏感になることが多いので、陰部周囲のカミソリなどでの除毛も避けたほうが無難です。除毛クリームも赤ちゃんへの悪影響が完全には否定できないので使用しないようにしましょう。カミソリ…
109
寝たきりにならない、健康寿命増進のために骨粗しょう症とは、骨密度の低下や骨質の悪化によって骨強度が低下したために、骨折しやすい状態になった病態です。大きくわけると、原発性骨粗しょう症(おもに加齢や生活習慣によるもの)と続発性骨粗し…
110
生肉(火を十分に通していない肉)、生ハム、サラミ、加熱していないチーズなどは胎児に異常を起こす感染症の原因となる微生物が含まれていることがあるので、妊娠中は食べないほうが無難です。生卵、生の魚介類にも食中毒や流早産の原因となる細菌…
200件中 101~110件 表示